February 13, 2011

○ デュープリズム
武蔵伝と同時期ですがね、一粒で二度のキャラクターを扱うものです。
もっとも、武蔵伝の最後はラスボスの倒し方に手こずって諦めちゃいましたが。
タイトルでL1押すとデモムービーが見れるけど、これ体験版のやつだっけ?。

デュープリズムのスタッフロールをながら見していたら、画面に打ち出されたテストプレイヤー数の多さに驚きました。いろんなゲームをやったけど、これは珍しい…ほど。なにか理由が?

○ キリークザブラッド
マシーネンクリーガーとかなんとかいうロボデザに似た独特なジャケット。
基本はSTGだが、今になってレヴューを漁ってみたら結構なクソゲーザ・ベストで、みなさんPS初期の記憶に残ってるのね、と。
そういや当時のオヤジが「難しいー、難しいー」と言いながら1作目をプレイしていた記憶がある。そりゃザナドゥ、天外、FF、DQ、マリオくらいしか知らんオッサンどもがいきなりPSに適応するってのが無謀だし。要するに犠牲になったのはオサーンたちだったけど、まあ多分、壁越しにボスを撃ち抜く有名な裏技も知っていたはずだ。あと弾薬の補給とか。

ソフトは数年前に売ってしまった。それなのになぜか「2」のほうも買っていた。
単身赴任中、寮でストレス発散に使っていたのだろうか。
どんだけ強欲・無謀・純粋なのかしらないが、その心意気やヨシ。

○ ガイアシード
そもそもPSでこのグラフィックかと思いきや、BGMに力を入れてるし(バックの歌声が耳障りな人は向いてない)自動修復・補充されるHPとSPがシューティングゲームに喧嘩を売ってる感じがしてて気に入った。

さる有名なSTGらのパクリオマージュと聞いた話にしては、なんとも言い難い。
冒頭で棒読みな英語解説がつき、ラスボスが亀と天使でなおイミフクオリティな仕上がりになっている。素晴らしい。

○ モンスターファーム (PS2)
同作がPSにあるためまぎらわしい。石版のかけらを利用したモンスター集めがありますが、セーブデータを複数作り図鑑をコピーし放題だ。
オイラとしては、モッチー一筋でクリアを目指すやり方がノーマル。
スエゾーの舐め攻撃をリアルに感じたのは反則。

○ ウルティマアンダーワールド
投げたアイテムの勢いが強すぎるままNPCに当たる⇒ダメージくらって戦闘
・ そのへんに落ちてる小石とか岩をハンマーで砕いてスリングの弾をゲット
・ 水中に入ると装備やアイテムの重量、筋力、水泳スキルが関係
・ 寝てると襲われたり、ロットワームのシチュー(グロい)をボウルで作ったり、
・ グールと話したり、トカゲ語を覚えたり、盗賊と交渉してキレられたり

○ ドカポン
レスポンスの悪さが指摘されているが、それを補ってなおなんでもありのゲームにしたのが大きい。これもライバルや道具屋と戦ってアイテムを奪うことができるなど、RPGの概念からズレた感覚がウリで、当時としてはPSでそういうのが出たこと自体珍しかった。つまり、ボードゲーム上で友人や家族とその世界観・ルールを一時的に共有できることが、だ。

○ シャドウメモリーズ
PS2のクオリティにしては地味だが、扱うテーマと表紙はそれなりに惹かれる。
アクション性はなく、街歩きがメインと考えると、こういう展開(箱庭的な)は悪くはない。ノベル形式に進めるのでなく、場所+アドベンチャーとシンプルに考えさせてくれた。その昔、ミザーナフォールズとかいうのがあったそうだが。
ちなみに同時期「バウンサー」を買った。こっちはコナミ、かたやスクエニ。

○ 無限航路
DSはあまり知らないけど、まともそうなのは確かだ。
アイビィ ザ キウィとか何とかいう、ああいうのが出る少し前ですな。
wikiを見ると、ゲーム中の元ネタを張っておりなかなか面白い。
しかし、未だにこういうのが他に見当たらない陳列棚を見ると、
大丈夫かと勘ぐるわけよ。



(05:36)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by jelly gamat gold g   September 10, 2016 14:53
最も完全流産、

コメントする

名前
URL
 
  絵文字