November 05, 2012

随分前にこういう話題があった。

【徹底議論】ジャスコを倒し田舎の商店街を復活させるには

 こういうネタは好きです。ただし…

3年前にいかにも地方らしい商店街に行ったときのことだった。

その街は俺の実家の街に隣接してて、規模もでかくて土地も人もぎょーさんいて、大型店もあればふっるーい映画館も点在していてな。人はまあまあ住んでるし車の行き来も激しい。

自分が育った街にはスーパーマーケットですらない地域もある。そういう所はみな農業地帯だったりいろいろさ。

で、商店街がどうしたいかというと、とにかく良くも悪くも古さとかを残してて、高齢者しかおらん。そりゃ当たり前…と、これも言っちゃ悪いがそうなんだよ。

言葉が見つからないな。

過去、サイトやブログを訪問してきた中には地方と都市の話だとか、寂れた街だとか経済のこととか聞いたにしろ、実際に地方のそうした現状を目にする光景には到底及ばぬ。

商店街のじいさんばいさん達はそれほど暗いわけではなく、馴染みの隣人と毎日接するかのように挨拶を交わしたりするし、生活に必要なものをそこで仕入れたり売買するのに不十分はしていない。が、

彼らの利益が上がっているのかはわからぬ。そいつは狭い路地に並んだ商品が物語っているが、売れようが売れまいが客層は変わるようではなさそうだし、他にどうしようというわけでもない。

利益は上がっていないんじゃないか?なぜ。年配なら自営業で細々ながら半分趣味でやっているとしか思えないよ。だが、商店街の街並みはやっぱり味わい深い古めかしさでいっぱいだ。

父に聞いた話ではこの状態はもう高度経済成長期とか以前に起きていたのだという。


◇地方と都市の時間の流れ


近隣の地域だけど、何となく古臭く、発展の仕方を間違えたままただ建物や人が住み着き往来する場所に見えた。代表的なのはケーズデンキかヤマダ電機か、入ったはいいが結局買うものもなく冷やかししていく人とか。どうみても何の目的もなく入った人々。それは、自分のものを見る目が変わってしまったのか分からないが、見るに耐えなかった。


少し前までグローバルだとかの単語がニュースに出ていたけど、本当の問題はそんな大それたところに起こってるんじゃなくて、地方都市でも何かあるんじゃないかと思う。


競争を外部から持ち込むのが忌嫌われるのはともかく、一見すると流通性のある都市や地域というのはそれだけで生活や経済が成り立つそれ事態が終わっているんじゃないかってハナシ。


新たに雇用が生まれたかと思いきや、ジリ貧になって撤退するような店舗がそこかしこにあり、しかし流れてくる客にとっては品揃えが変わるだけで、生活インフラに影響は少ない。が、生き残る店舗は限られてくる上に、どこも最終的には似たようなサービスばかりで斬新さはなく、地縛霊の如く存在として都市インフラとして組み込まれる。


人口に対する街の需要キャパシティは増えているのに、これでは、人は増えても本来の強みも何もあったもんじゃない。


本当の自然、本当の田舎(秋田のある村落にて)


農業の手伝いはしたことがあるし、トラクターを運転したことはある。子どもの頃、山や海や建物よりも平野に囲まれ、だだっ広い平野に線を引く国道を走る車を見ていたな。


初頭の動物が生息する森がお墓の横に僅かに残されており、粗大ゴミ(謎の廃棄車)が雑木林に放置され、ヘリコプターが畑の上を飛び(文句言ってるわけではありませんよ)、もともと鳥の中継地なのかスズメたちがたくさん電線に寄りかかってくるために一部の電線に針網が敷かれ、あるのは牛乳の販売・配達所とバス停と公民館と近くの運動公園、という所で。


最寄りの駅や中学校、大型スーパーに行くにも自転車ないときつい世界。400~500人いくかの地域、ほとんどが農業を生業とする家で、同世代の若い人とはもう会ってないために顔も知らなくなった。


ニワトリは住宅から離れで飼われており、ウシはもう飼われていない。田舎なのに、蝶もトンボもザリガニも激減しただろう。


そういや地元の先輩でさ、中学を卒業して農業を継ぐと決めその通りにやっていた人がいる。彼はどうしているだろうか。


◇「なぜ希望は消えた?~あるコメ農家と霞が関の半世紀~」番組後の感想


結論などない。ただ一つ言えるのは、
「農業は継続性、予見性、経験のいるもので、自分にとっては環境をコントロールする科学者」に近かった。うちのおばあちゃん見ててだ。それでも、本来の働き手はたぶん他の仕事に従事するのを望むか、半農でやってくだろう。


後継者がいないのはマニュアル作りを上の世代ができないんではないかという想像しか俺にはつかない。ただ単に体力がいるとかそれだけで魅力がないと思われるのなら、まずはそこから手を加えていくべきだろうと。


◇いまの心境


自分は体質的に畑と相性が悪い(長時間の作業に向かない)し作物もロクに育てたこともないが、実家のあるあそこの畑の風の匂い=土壌の匂い(?)はなんとなくわかる。ちなみに潮風は浜辺がないと感じられぬ。他の地域に比べると水を引く小屋もそこかしこにあって、やっぱり古い土地なのではないか…そう思う時がある。三重県の伊勢平野にまたがる地方は基本的に区画整理されているとは以前言ったが、ほめぞうが住んでいたところでは実際はいびつな形状の田んぼなんかが平然とあった。山のほうではなく平地だが、海が近く潮風が混じった匂いが立ち込め、それが自分の育った場所だという思いがある。



(02:43)

148 名前:天之御名無主 :01/09/10 17:20
つーか、白い蛇って蛇じゃないらしい。 

149 名前:天之御名無主 :01/09/10 22:34
神社の注連縄は蛇の交尾の姿を象ったものだという説もありますな。 

150 名前:布津 :01/09/11 14:59
道通神社(祭神サルタヒコ神)のお使いは白蛇だそうです 
あと出雲大社のお使いは竜蛇さま(セグロウミヘビ) 
日本の古い神様は蛇と関係が在る様ですね 
お稲荷さんや弁天さんも蛇の姿で表されたり、お使いが蛇だと言われてます 
ヤマタノオロチ(八剣神)は大国主神(八千矛神)と同体との考え方も在ります 

151 名前:天之御名無主 :01/09/11 15:55
>>147 
三輪山には蛇神が巻き付いているという話しを聞いたことがあります。 

>>146 
山の神様は女だといいますよね、その化身が蛇だとしたらどうでしょうか? 

152 名前:天之御名無主 :01/09/11 20:02
そういや、鹿屋野比売神って野槌だけど、いつのまにか 
野槌ってツチノコと同一視されてたな。 

153 名前:うむ :01/09/17 21:21
賞金にかけられる神様かぁ。不憫じゃのう 

155 名前:蛇道 :01/09/20 01:23
執念深い蛇の道と書いて蛇道と申します。 
身なり、性格も蛇の様です。 
何か、私に質問のある方、お答え致します。 

157 名前:天之御名無主 :01/09/21 08:46
>151 
>山の神様は女だといいますよね、その化身が蛇だとしたらどうでしょうか? 
146じゃないけど勝手にレス(w。 

女神の化身というより、「女神+その穴に半分入れてる蛇神」の一対こそが山の神、ってな気はすれ。 
あ、「半分入れてる」の意味は、日本でないのが弱いけど、中国の伏義・女渦とかメリジューヌとか(広く 
とれば人魚とかも?)って、「下半身が」蛇だったりするし。 
下半身から何か突き出てるよっ、てな意味では聖なる「ふたなり」みたいにも見えないこともないし、 
そう考えると性崇拝とか蛇崇拝とか、つながるような。 

勝手な空想レスだが、エロ全開スマソ(当然そういうつもりではないのだが)。 
173 名前:164 :01/09/25 19:34
>>171 
悪いイメージだけ持ってるわけでもないけどね。 
いい蛇の神様(ケツァルコァトルとか)もいるし。 
悪いイメージが蔓延したのにはキリスト教の勢力拡大が、 
一つの要因なのかな?とか邪推してみたり(藁 

>>172 
ヤタガラスは「死体の一番いい肝を喰らう」っていう話を 
どこかで聞いたことがあります。 
そして、死者の魂(肝の持ち主)を天に運ぶそうです 
どこかの国でも鳥葬のときに「輝くコンドル」(ハゲワシかも)が 
現れるという話があるので、「死体を咥えて飛ぶ」→「死者を天に運ぶ」って 
思って神聖視されたのかもしれませんね。 

174 名前:余談だからsage :01/09/25 20:30
鳥葬といえばチベットが有名。 

「チベットの鳥葬は魂を天に運ぶ儀式る。鳥も神の使いとして 
神聖視されている」と日本ではよく紹介されているようです。 

ですが、実は、チベットでは死体=魂の抜けた肉の塊であり、 
単に動物たちに布施しているだけだったりします。犬などに食 
べさせる場合も結構あります。 

この与太話を最初に日本に広めたのは誰でしょうか? 
もしかしたら中沢○一氏かも(笑) 
182 名前:天之御名無主 :01/11/05 15:00
お稲荷さん(うかのみたま?だっけ?)も蛇神という話を聞いた気が。 
なんで狐と蛇? 

183 名前:○xantos :01/11/05 15:07
宇賀神ってのは蛇だからさ。 
両者が穀物神であることの理由のひとつは、鼠取りに飼われたってこと 
なんですよ。穀物倉に鼠が入らないように、一匹蛇を入れておいてそれを 
「うがじん」様として拝んでいた。後に穀物から転じて財を授ける福徳の 
神となった。弁才天とも同一視されるようになる。 
狐は野生状態でもちろん鼠を取る。高麗犬の代わりに御稲荷さんが稲荷社の 
ところに並んでいるんだけど、半島の犬は確か古代において鼠取りに使われて 
いた。猫が日本にやってくるより前の話ですね。 
 
194 名前:天之御名無主 :01/11/09 01:12
>>183 
そっかー。 
映画「ネバー・クライ・ウルフ」でも、狼の主食がネズミだったっていう 
話が出てきたもんな。犬がネズミ避けというのは盲点だった。 
202 名前:じむぐり :01/12/04 12:12
みなさんこんにちわ、吉野裕子著 蛇 を読み感動した者です。 
唐突ですが、私見を披露させて下さい。 
蛇がネズミを捕食するから穀物神とされたのは、吉野氏も指摘されてまして、 
みなさんも異論がないとおもいますが、ネズミを捕食する動物は他にもあり 
蛇でなくても良い訳ですよね。ここに吉野氏も見落としてる、蛇とネズミの 
生物学的な事実があるのですが、ネズミは蛇の匂いに非常に脅威を感じまして 
近寄ろうとしません。ここが重要な点で、人間がいてもネズミは隙をついて 
平気で、物をあさります。他のネズミを捕食する動物においてもネズミは警戒 
はしますが、近寄らないことはありません。 
まだ、高床の倉庫がなく、穀物の貯蔵が縄文式の住居だったころ、鼠害が甚だ 
しかったはずです。よって、蛇を飼うことは、非常に人間に恩恵をあたえたことと 
推測され、蛇を専門に飼育できる人間は容易に権威者になれたろうと思います。 
案山子も、自分は、十字の棒に蛇を巻きつけていたのではないかと推測してます。 
畑の中央にうやうやしく蛇を祭り、豊作を祈念する蛇巫女を自分は、想像してし 
まいます。 
長々とありがとうございました。 

204 名前:天之御名無主 :01/12/04 17:14
>>202 
狐や猫も鼠除けの神として信仰されてますが? 
というよりも、蛇を飼育して鼠を捕食させるというのは 
可能なのですか? 

205 名前:じむぐり :01/12/04 18:42
いえ、捕食までいかない段階。つまり、へびがそこにいるだけで 
鼠は、敏感に察知し行かない、近寄らないのです。 
鼠はかなり図太く、猫でも集団で襲ったりしますが、へびだけは 
こわがります。毒があるからかもしれません。 

206 名前:天之御名無主 :01/12/04 21:29
ネズミが蛇をおそれるって初耳。ホントに事実? 

210 名前:じむぐり :01/12/05 09:59
>>206 
事実です。 
私は、蛇が好きで実際に飼っておりました。 
日本の蛇で、圧倒的に美しいのは、ヤマカガシです。この名前のとうり 
日本の山野に広く生息するこの蛇は、田や山の神として信仰の対象 
だったのでしょう。最近しられた事ですが、この蛇は毒蛇であり、奥歯 
に毒牙があります。ヤマカガシは亜種が多く、赤色、黒と体色が色々で 
す。赤のヤマカガシを通称ジムグリといい、諏訪大社の神はこれであろう 
と吉野氏は書かれています。白蛇は青大将が多く、白蛇信仰は山陰や東北 
に多く、出雲の神は、自分はアルビノの青大将と思います。ちなみに青大 
将は、体臭が物凄く、飼うには適しませんでした。 
鼠が蛇を忌避する事実は、文献にもあり、実際、自分でも確認できる現象 
を垣間見ています。鼠が多く出て困ってる家の天井裏に、自分の飼っている 
蛇の匂いのついた布を置きましたところ、効果はありました。 

211 名前:「佐用姫伝説」 :01/12/05 19:37
学生時代、この話に心を打たれ、福岡を訪れた折、この伝説の舞台である 
唐津・呼子地区(旧末廬国)に足を伸ばしました。 

この伝説のよく伝えられる形は、以下の通りです。 
http://www.sashoren.ne.jp/kyuragi/tiiki/etc/sayohime/sayohime.htm 
宣化天王の2年(537)、新羅の仁那侵攻に際し、仁那の請により勅命を奉じて、 
大伴磐と狭手彦の兄弟は仁那救援のため出征することになった。 
弟の狭手彦は松浦の地に来て兵船を整えるうち、篠原村(厳木町・笹原?)の長者の娘、 
佐用姫と恋仲になり、将来を誓い合って契りを結んだ。 
いよいよ狭手彦に出船の日、佐用姫は褶振峯(唐津市・鏡山)に登り、遠ざかり行く 
狭手彦の軍船に褶を振って別れをおしんだが、なお隠れ行く船を追って 
加部島(呼子町)に渡り、狭手彦を恋い慕うあまりに死に伏し、遂に石と化してしまった。 

しかし、この伝説には、上記の石化説とは別の"異説"があります。 
狭手彦と別れた佐用姫が、狭手彦に化けた(?)蛇と性交渉を持ち、 
求婚され、なぜか殺されてしまう。(詳しくは下記URL参照) 
http://www.cypress.ne.jp/asari/manyo/hire.htm 

この説では、佐用姫は鏡山神社に葬られたことになっています。 
鏡山神社は住宅街に囲まれ鬱蒼とした林の中にある小さな神社で、二匹の狛犬が見守っています。 
境内へ続く道すがら、マムシと数回遭遇しました。祭られているのは鏡であり、 
これこそが佐用姫らしいです。また、当地は古代大陸貿易の玄関であり 
大量の鏡が出土していることから、鏡が信仰の対象になるのは不思議ではありません。 

盛夏だったためか、蛇が多く、マムシや青大将が道路を横切ったり、 
車に惹かれて死んだ姿を、何度も目撃しました。 
しかし、日本最大の松林である虹ノ松原には、蛇が生息していないそうで、不思議です。 

とりとめのない長文失礼しました。 

213 名前:天之御名無主 :01/12/17 00:11
>>211 
>鏡山神社は住宅街に囲まれ鬱蒼とした林の中にある小さな神社で 
鏡山神社は鏡山の頂上にある神社で、祭られているのはお稲荷様だったと思います。 
多分、それは鏡神社だと思います。 

なぜフロム・ソフトウェアの話にわざわざこんな話を引用しているのか、わかるだろう?。シャドウタワーのことを。


こいつはあのリザードマンとは違うが…まあ前の画像だし、他にないし。

222 名前:天之御名無主 :02/05/09 23:28
牛信仰は中東発半島系? 
蛇信仰も中近東辺りが起源なのだろうか。 
それとも世界の各地域における蛇信仰は独立して発生したものなのかな。 

223 名前:天之御名無主 :02/05/10 10:30
>>222 
農耕民は蛇を信仰することが多いので、世界各地で独立して発生したのでは 
ないでしょうか。 
古代ギリシアでも、医神アスクレピオスは蛇の絡まった杖をもっています。 
古い時代には、ゼウスを蛇の姿で表した浮き彫りもあります。 
(おそらく、別の系統の神がゼウスと習合したのでしょう) 


224 名前:天之御名無主 :02/07/13 12:57
>>222 
>蛇信仰も中近東辺りが起源なのだろうか。 
動物信仰に起源地を求める発想は的外れです。その動物が、何かをもたらして 
くれる(と夢想する)から信仰するんですから。>>223の言う様に、農耕民には、水が 
大事なわけです。やまたのおろちが、島根平野の河川を表すようにね。 


225 名前:天之御名無主 :02/07/25 01:58
古代日本にいた海洋民族隼人には体に入れ墨をする習慣があったとされます。 
これは海ヘビのうろこの模様を体に描くことで、 
海に潜った時サメに襲われにくかったのではないかという説があるそうです。 
234 名前:天之御名無主 :02/11/27 12:23
蛇は水や天候を司るってな話があるけど、なんで蛇なんだろ? 
蛇って水陸両生だっけ? 

235 名前:山野野衾 ◆W7NDQJtGoM :02/11/27 12:26
>234 
蛙をよく食べますからね。形状から雨や雷や虹とも結びついた。 

236 名前:蝿皇子 ◆MLX/At3sMc :02/11/29 07:52
熾天使が天の赤竜と呼ばれたように、稲妻は竜と思われています。 
日本神話でも、イザナミの腐れる体にまとわりつくのは八体の雷神で、 
これは蛇体です。 
稲妻は天と地をつなぐものであり、垂直の竜に擬されます。 
雷のもたらす陰イオンにより植物は飛躍的に成長します。 

蛇はその体や動き、脱皮、食餌の方法で人間に畏敬の対象とされると同時に、 
人はそのモチーフを天に見出します。 
世界の各地で虹と蛇は同一視されます。 
太陽は蛇に運ばれるのは、長崎や中国の祭りで、竜が珠を追いかけるのに表されています。 
太陽と月の軌道の交点が竜頭、竜尾と呼ばれるのは、理由があるわけです。 

人体においてはそれは脊髄であり、クンダリーニの蛇となるわけです。 
また、霊能者は、ある種の霊体を帯状のものと観ます。 
237 名前:天之御名無主 :03/01/06 01:59
香香背男って、蛇と関係あるのかな? 

238 名前:参考までに :03/01/06 23:56
>>237 
カガシの場合は明らかにヘビの古語だが、このカガシに近い語としてカガセがある。この 
カガセの場合、アカカガチのカガチのほうに近い可能性があるが、『日本書紀』には星の神 
「香香背男」という名の邪(あ)しき鬼神(ものかみ)が出てくる。このカガセヲは、『日本書紀』 
の「神代下・第九段」の「一書」の中に「注」として出てくるだけの哀れなカミで、天孫降臨の 
先発隊として天下った神々の中の倭文神建葉槌命(シトリガミタケハツチノミコト=鹿島神宮 
の摂社の祭神)によって討ち取られている。その際に使われているのがヤマタノヲロチ退治 
にも使用されたトツカノツルギという共通点もある。しかし、カガセヲのカガの場合は、迦具土 
(カグツチ)や、カグヤ姫のカグと同じく、「輝く」の義である。カガセヲが星神だからカガなの 
である。わが国では、なぜか星神は埋没しているが、本来、ホシという語は天の中で「秀」れ 
ている義から生じているということを考えると、いわゆる「天つ神」系とは異なった《天の神》で 
あった、と想像できる。いずれにせよ、ヤマタノヲロチとカガセヲは、どちらも退治された存在 
であり、しかもヘビの古名のカガシを内包している点で相通じるところがあったといえよう。 

ttp://www2.gateway.ne.jp/~bunno/sugatasenseisubarasii.htm 

240 名前:天之御名無主 :03/01/09 22:07
>>238 
なるほど、蛇の古名はカガシなんですね。 
星の神で蛇みたいに長いというと、彗星かなんかだったんでしょうかねぇ。 
251 名前:天之御名無主 :03/06/19 22:32
常陸国風土記に椎井の泉ってのがあり実家のすぐそばにありました。 
「夜刀の神」(多分マムシ)が大和の兵に対し人と神の境界を宣言して 
います。蛇神の記述としては最古の部類でしょう。 
261 名前:天之御名無主 :03/07/14 21:46
神話の源流 
 天孫降臨 
  北方系-神 
  天神としての太陽(日神)信仰。神が天から山上の巨石や巨木に降臨すると信じるのは垂直思考は北方的なもの。-天地の間を往来する龍神信仰(水神)。 
   太陽信仰---天神としての信仰 
   祖霊信仰 
  シベリアの乾燥した草原。石棺墓、積石墓 
  遊牧経済 
 卵生神話 
  南方系-鬼 
  祖先の精霊と、自然や動物・植物・鉱物の精霊とを鬼として祀る。海の彼方から川をさかのぼつて山上の巨石や巨木に精霊が宿ると信じるのは水平思考は南方的なもの-川を上下する蛇神信仰(水神)。 
   太陽信仰---最高の精霊 
   蛇神信仰---祖先の精霊 
  東南アジアの高温多湿の海辺、支石墓 
  農業経済 

なんてのがありました。 

ttp://www.eva.hi-ho.ne.jp/suruga/japankokogakunext.htm 
思えば、牛と竜って、洪水とか、治水みたいだな。

いや脈絡なく自分の中で納得してるのはそれだけだったり。

もちろんヤマタノオロチや蛇を必ずしも水と関係しているものだと思ってはいない。ただ、他の国ではどうだったのか、それが気になる。

龍VS牡牛
【旧約聖書の龍】

『旧約聖書』ではレヴィアタン(リヴァイアサン)という龍が世界の秩序の創造に際して退治される。
「詩篇」第七四章には「あなたはみ力をもって海を分かち、水の上の龍の頭を砕かれた。
あなたはレヴィアタンの頭を砕き、これを野の獣に与えて餌食とされた」とある。
この龍は「詩篇」以外にも「イザヤ書」や「ヨブ記」にも登場し、デーモンの一種とされる。

レヴィアタンは多頭の龍であり、ティアマトの作り出した龍は七頭、バアル神話のヤムも七頭である。このためバビロニア神話やウガリト神話が、「詩篇」の原型であると言われている。

一方、宇宙創造を語る「創世記」には龍が登場しない。
内容は『エヌマ・エリシュ』との明らかな類似があるにも関わらず、擬人的な表現が排されているため、龍について語らないのである。
「創世記」では、原初の世界には、上に「闇」がある「淵」と、「神の霊」がおおう「水」が存在するだけとされる。
しかし、「淵」を表わす「テホーム」という言葉は、『エヌマ・エリシュ』に登場する龍「ティアマト」と語源的に関係があると指摘されており、「創世記」にも見えない所に龍が潜んでいると言える。
ダークソウルの追加で過去にいくってやつ、あれどうなんだ?。


あと個人的に追加

神秘学入門 その11 オカルティズムの理論

(02:29)
◇◇◇
考古学的な調査によれば、キリスト教や、ユダヤ教、イスラム教のような唯一神を信仰する一神教が現れたのは3000年ほど前なのだそうだ。それ以前の遺跡からは、地母神信仰を中心とした多神教の遺物しか出てこないということだ。

その過渡的な過程で、蛇を殺す天候神バールが登場する。
この神は、紀元前12世紀ごろフェニキア人によって信仰された。

斧を持って、今にも(地母神のつかいとされる)蛇を殺そうとしている図像が遺されている。また、やはり地母神の範疇に属すると思われる海竜と、壮絶な戦いの末に勝利する神話を持っている。これは、西洋における竜退治の英雄神話の草分け的な物語と言えるだろう。

心理学的にも、母性を象徴する蛇や竜と戦うこと、父性の持つ「切断する機能(斧のような)」を獲得することは、特に男性の自我成立過程で大変重要で、象徴的な意味を持っており、くり返し物語られるものである。ギリシア神話のゼウスも、やはり天候神の性格を持っており、この系譜に連なる神のようだ。

こうした地母神から天候神への信仰の変化について、安田喜憲は紀元前1200年頃の気候の寒冷化と局地的な乾燥化が契機になっていると主張している。つまり、寒冷化、乾燥化により大地は豊穣ではなくなり、人々は大地の実りを左右するものは天候であるということに気付いたのだという。
その後、ユダヤ教のような人格的一神教が現れ、それを背景にキリスト教が登場する。確かにこれらの宗教でも神の怒りは、嵐や雷で表現されることが多いように思う。

日本では、竜退治の英雄神話はスサノオ神のヤマタノオロチ神話が唯一といってよいほど少ないが、この物語もバール神のものとよく似ている。しかし、その後スサノオは天ではなく、地下世界を支配するようになってオオクニヌシに通過儀礼を施したりするので、天候神とは言えないだろう。

天候神としては「天神」がそれに相当する。天神は、途中から事実上菅原道真になっている。これは神とも言えるが、無実の罪を着せられ恨みを遺して死んだ人がなると信じられていた怨霊の元締めとしての性格も持っている。そして、その怒りはやはり雷となって人々を襲うわけである。
つまり、西洋で人格的唯一神となった神々の系譜が、日本では怨霊になってしまったわけだ。
17 名前:天之御名無主 :01/07/08 22:56
アメノオオハバリ 
クサ・ナギ 

或る意味、戦神としての神格もあるんだろうか? 

18 名前:天之御名無主 :01/07/08 23:03
ネズミ(根の国の獣)を喰ってくれるからじゃない? 
稲作文化圏では蛇や狐は神格化される。 
しかし、草薙=凄い毒蛇とは・・・驚き。 
23 名前:天之御名無主 :01/07/11 02:24
日本以外の蛇信仰に関しては 
1脱皮から来る若返り、不死性との連想 
(冬眠の習性も関わる) 
2他の動物を丸呑みすることから、他を殺害せずに同化する 
などが指摘されることがありますが。 
この辺、日本の場合はどうなのでしょうか? 
32 名前:天之御名無主 :01/07/12 21:05
なんで蛇なんだろうな。 

鳥や獣よりも。 

34 名前:天之御名無主 :01/07/12 21:47
>>32 
蛇から鳥に進化したんじゃなかったっけ? 
そんで鳥から哺乳類が出てきて・・・ 
先輩だから蛇のほうがえらいとゆーことでしょう。 

畜生の世界にも年功序列が(藁 

36 名前:天之御名無主 :01/07/13 14:02
>>34 
古代人が進化論知ってるわけないじゃん。 
例えばインドではナーガとガルーダは仇敵と観念されている。 

37 名前:天之御名無主 :01/07/13 21:19
>>36 
なんで進化論を知らないって言い切れるの? 
体験的にわかってたかもしれないよ・・・。 

38 名前:36 :01/07/13 21:45
>>37 
でもナーガとガルーダは宿敵だよ。 
別に年功序列(>>34)なんかじゃない。 

39 名前:天之御名無主 :01/07/14 00:14
ガルーダはナーガを喰うんじゃなかったっけ? 
つーか、年功序列なら、魚>蛙>蛇になるべえ。 
41 名前:天之御名無主 :01/07/14 02:24
その形態から男性器、飲み込む姿からは女性器を連想させるため、 
創造、破壊、宇宙、といろんなもののメタファーとして語られているようです。 

43 名前:天之御名無主 :01/07/14 13:27
>>41 
旧石器時代の地母神は両性具有だったそうだから、つながるものがあるね。 
44 名前:天之御名無主 :01/07/14 13:43
「へび」は、和製インド語。 
南インドでは、Pavu、Pabiと言う。 
パヴ、パビが、沖縄ではハミ・ハブになり、ヘミ・ヘビになった。 
ハミは、マムシのこと。PがHに対応する簡単明瞭な例。 

45 名前:天之御名無主 :01/07/14 13:46
神奈備 (かんなび) 
「かん」は神、「なび」はインドのナーギ(へび)の音からきている。 
かんなびの意味は神蛇となる。 

うなぎの祖語はインド古代語。 
あなごの「なご」も海蛇を意味している。 

49 名前:天之御名無主 :01/07/15 03:59
辞書には、へび(「へみ(蛇)」の変化)ってあるね、 
「ハハ」は歯、「カカ」は角や牙を意味したんじゃなかったかな。 
48も含めて意味が共通してるね。 
インド→日本の可能性は低いでしょ。 

50 名前:天之御名無主 :01/07/15 04:31
なんでもかんでもヘビにしちゃうのは問題かもだが、 
あの案山子(カカシ)もカカで元はヘビだという話を 
聞いたことがある。 

52 名前:天之御名無主 :01/07/15 15:11
>>50 
案山子は元々太陽神だと聞いたことがある。 
しかしこれを読むと全部つながっているのかと思った。↓ 

http://homepage1.nifty.com/moritaya/hebi.html 

蛇=案山子=頭一つに足一本=太陽 
56 名前:天之御名無主 :01/07/16 05:14
【ハハ】 
天【羽羽】斬(古語拾遺、天蠅斫剣/紀一書、十握剣/紀、十拳剣/記) 
※古語に大蛇を羽々と謂ふ/古語拾遺注 

【トビ、トベ】【ナガ、ナギ】 
草薙剣  クサ(強力な)【ナギ】剣 

【トビ(ミ)】ノ【ナガ】スネヒコ 

57 名前:天之御名無主 :01/07/16 07:02
先に天降ったニギハヤヒも、後に降ったイワレビコ(神武)も 
「天羽羽(蛇)矢」を天孫の証としていたという。 
蛇×2の名を持ちニギハヤヒに遣えたトビノナガスネヒコは、 
無残にも後にイワレビコに従順したニギハヤヒに殺される。 

スサノオにしろ、ニギハヤヒ、そしてイワレビコにしろ、 
天孫の証とはすなわち、治水の王の象徴であったのではなかろうか。 
草薙剣にしろ天羽羽剣、あるいは天羽羽矢にしろ、治水のイメージは 
濃厚である。 

一方、蛇を名に持つ者は、邪なコンテキストとして語られる。 
ヤマタノオロチしかりトビノナガスネヒコしかり。 
氾濫の、いや反乱の匂いがしてやまないのである。 

恣意的にニギハヤヒが天孫として語られるとすれば、物部の祖と 
して、天皇と同じぐらい歴史がありながら、ナガスネヒコという 
存在のせいで、一段低く見られても、しょうがない、という書き 
かたなのではないか。 

絶妙な(偽)歴史として記述されたとするのが、妥当と思えるの 
である。 
59 名前:天之御名無主 :01/07/17 03:51
蛇信仰、鳥信仰、太陽信仰、 
どれが最初なのかなあ、普通考えると太陽のような気がするんだが 
蛇もずいぶん古そうだし。 

60 名前:天之御名無主 :01/07/17 07:01
>>59 
平行発生的だと思うんだけど、どれも。 

61 名前:天之御名無主 :01/07/17 13:27
地母神信仰→天父神信仰 
というのが定説らしい。 
70 名前:変人 :01/07/18 22:18
米を保存しておきますと、ネズミが食い荒らします。 
家にいる蛇が、そのネズミを食べてくれるので、 
マア神様みたく思えたのですね。 
もうひとつ・・女性が田植えをしていて、小用をもようします。 
茂みに座り、要を足しておりますと、穴に小さな蛇が潜り込むのです。 
女性は驚き、抜こうとするのですが、鱗が逆立ちぬけないのです。 
その後は問題の主旨でありませんので、かきませんが、 
当時は、性器信仰がありまして「たたり」ということになってしまうのですね。 
そういうわけで、蛇を奉り二度と穴に入らないように、お願いしたわけです。 
75 名前:天之御名無主 :01/07/19 14:33
日本神話で「八」の数は八百万などのように「多い」ことを意味するから 
ヤマタノオロチは「大きなオロチ」ってとこだろう。 

八咫烏という鳥もいることだしな。 

76 名前:天之御名無主 :01/07/19 15:44
じゃあヤタガラスはたくさん居る? 

大和の忍者とか隠密みたいな物かな? 
107 名前:天之御名無主 :01/08/02 03:53
では、強引ですが……。 
スサノオが助けたクシイナダヒメの両親は、テナヅチ、アシナヅチ 
ですが、蛇に搾取されていた側に、手と足、そしてツチノコのツチ 
を名に持つんですが、これって変じゃないですか? 

108 名前:天之御名無主 :01/08/02 04:06
……ってな妄想をひねり出したんですが。 

「民俗学者、吉野裕子博士はアシナヅチ(ツチノコのツチ)・テナヅチ対ヤマタノ 
ヲロチのように、敵味方の両方が蛇だったというケースのきわめて多いのが日本神 
話の最たる特徴と断じておられる」っていうページ発見。 

恥ずべきか誇るべきか逡巡……>俺の妄想 

110 名前:天之御名無主 :01/08/02 06:35
蛇=渦 
永遠性の象徴ですね。 

111 名前:天之御名無主 :01/08/02 13:00
テナツチ・アシナツチ 
手がない・足がないってヤツか? 

112 名前:天之御名無主 :01/08/02 13:14
渦って言えば、縄文の象徴でもあるね。 
んで、縄文時代から女神を生け贄にする信仰があったみたいね。 

113 名前:天之御名無主 :01/08/02 13:26
縄文土器って蛇がとぐろを巻いているのをモチーフにしているっていう説があったよ。 

114 名前:天之御名無主 :01/08/02 15:26
手長足長明神っていうのがあったよね 

126 名前:Be名無しさん :01/08/30 01:42 ID:28bQwOic

蛇信仰と龍信仰の混同というか関わりを示すものに、長崎くんちの龍踊り(じゃおどり)があります。 
http://nagasaki.cool.ne.jp/tdragon/jaodori.htm (リンク切れ)

長崎くんちとは、長崎の氏神である諏訪神社のお祭りです。 

「龍踊」自体は江戸時代に中国から長崎に伝えられたものですが、諏訪神社の祭神が蛇神だということからか、 
その後、祭りのメインの演し物として採用されたようです。 

またおもしろいのが漢字で書くと、「龍踊」と龍なのに、読みは「じゃおどり」と蛇になっていることです。 

参考までにこういうものもあります。 
http://www.pref.shimane.jp/section/izumo_soumu/dragon_shokai.htm 
127 名前:くいち :01/08/30 17:50 ID:msmGAwbg
ヤマタノオロチの神話とメドューサの伝説が酷似しているって本当? 

128 名前:126 :01/08/30 19:28 ID:UIgPhzQQ
>127 
素戔嗚尊のヤマタノオロチ退治の話と似ているというのは、ヘラクレスのヒュドラ退治のことだと思います。 

133 名前:天之御名無主 :01/08/31 00:20 ID:SpZAgruQ
首がいっぱいってことだけなんじゃないの? 
ヒュドラはヤマタノオロチみたいに生贄要求してないし 
逆にヤマタノオロチはヒュドラみたいに不死身じゃないし。 
首がいっぱいで生贄を要求するってのならバスク地方の 
エレンスゲのほうが似てると思いますよ。 

134 名前:くいち :01/08/31 00:27 ID:d3.bmBJM
>>133 
生贄の名前がアンドロメダって名前の女神だったかな。 
じゃあ、やっぱりメドューサだ。 

135 名前:天之御名無主 :01/08/31 00:47 ID:SpZAgruQ
http://www.pandaemonium.net/menu/devil/perseus.html 
にありますね。俗にいうペルセウス・アンドロメダ型神話で、 
世界中に類型が見られるそうです(詳しい人補足して!) 
ちなみに、メドゥーサは怪物退治の小道具でしかないです(笑 

136 名前:128 :01/08/31 03:02 ID:dJcx4dcQ
>134 
メドューサと言われたのでピンと来なかったのですが、アンドロメダの話なら納得できます。 

ただ素戔嗚尊の冒険とヘラクレスの冒険の類似も指摘されて居ます。 

137 名前:天之御名無主 :01/08/31 09:02 ID:weKe.VPc
スサノヲとポセイドンも何か似てるね、 
両方とも海の支配者であると同時に、冥界の王でもあるし。 

138 名前:天之御名無主 :01/08/31 12:05 ID:bbWic0YA
>>137 
冥界の王は、ハデス(プルートーン)だと思われるが・・・ 
 145 名前:天之御名無主 :01/09/09 21:55
メデューサは、神話の古い形では大地の女神だったものが凋落した姿という説が 
あります。もとはアテナと同一神格の土地神だったものが、現在のギリシャ神話 
に組み上げられてゆく過程で、ゼウスの娘である女神アテナと、そのアテナから 
楯を預かったペルセウスに退治される恐ろしい魔女メデューサに分離されたとい 
うものです。 
アテナ像のモチーフにメデューサの頭をつけたアイギス(皮の胸当て)をつけて 
いるものがありますが、これはアテナが二つの顔を持ってるという姿であり、大 
地母神が優しい顔と恐ろしい顔を持つという二面性の名残です。 
蛇はもともと土着信仰のレベルでは水の神・地の神としてまつられるものでした。 
生殖力の強さから豊穣神、手足なく頭のみで進む姿から知恵の象徴でもありまし 
た。 
大きな集団の支配下におかれ、土地の信仰がより大きな集団の神話に習合してゆ 
く過程で、土地神はもとの姿から、退治される魔物の姿に凋落する事があります。 
二面性を持つ土地の女神が、その優しい面からアテナ、恐ろしい面からメデュー 
サの姿に分離されてギリシャ神話の中に組み込まれて言ったと考えられるのでは 
ないでしょうか? メデューサの頭髪が蛇である事は、もともと大地の豊穣に関 
わる神性を帯びていた事の名残と考えられます。 


(02:28)

October 31, 2012


そういやこの二年、動画を見ていて「おぉ~」と思ったのが幾つか。



QUMARIONレビュー速報〜3ds Maxプラグインを用いたセットアップ例

USBカメラで顔の動きを高速に追跡できるアバターシステム #DigInfo

Introducing the Leap



統合型 拡張現実感 技術 "SmartAR"

でもやっぱり遊びがいい。


実物大 アッガイ 01


[実写合成]シャア大佐がいく!Shizuoka real scale GUNDAM

んで上の2つを見た後にこれを見ると違和感がない。


鉄人28号vs27号-1

リモートコントロールダンディみたいじゃないかww
312:名無しさん@13周年:2012/10/31(水) 13:14:26.45 ID:Xvzl7B1XO
今は自死って言葉が定着してないからソフトに聞こえるだけで、
定着しちゃえば自殺も自死も同じインパクトになるから、また次の言葉を探すはめになるんじゃ?
1.名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年10月31日 13:36 ▽返信
何故こんな事を言うのかと言うと…遺族は自殺者の死に負い目を感じ続けて生きるから 
学校のいじめや、仕事のストレスで自殺してしまっても「何故気付けなかったのか」と自分を責め続けるから 
だから少しでもそういった事から目を逸らそうとこんな事を言い出してしまう 
殺したのは自分じゃないんだと思いたいから 

自分がそうだからわかる
4.名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年10月31日 13:55 ▽返信
家族がそういうことになったら察するに余りあるが、完全に自分の力で死んだ場合のみに限るべきではないか 
飛び込み自殺などは死んだ以上責めたくはないけどやはり他人に迷惑は掛かってる 
跳ね返って売店員にトラウマ作った例もあるわけだし 
自死だと潔く死んだというイメージがあるからそういう場合しっくりこない 
あと付け加えると※1の言うとおりだとすると自死という言葉を使うことで 
返って周囲から奇異な目で見られたりしないかという感じもある
8.名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年10月31日 14:02 ▽返信
もし、言葉として「自死」が「自殺」の代わりに台頭していたら 
「自死」に代わる言葉を探してただけなんじゃないの? 

さておき、心中みたいに死とか殺とか使わない表現の方がいいんじゃないか 
自分で果てるから自果とかさ
10.名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年10月31日 14:05 ▽返信
言葉から悪いイメージが出てるんじゃなくて 
行為自体が悪いイメージなのに表現方法変えてもかわらんと思うが 
むしろこれでイメージ軽くなったとしたら自殺者増えちゃうんじゃね?
11.名無しさん@ニュース2ちゃん 2012年10月31日 14:07 ▽返信
自分で死ぬ。自分で自分を殺す。 

既にマイナスなものにマイナスイメージとか言ってわけわからん。
実際に使う機会があるんでしょうか?。

◇◇

まんべくんの冒険、終わる
一つは、日本が侵略戦争として太平洋戦争・支那事変・満州事変等を行ったということが、少なくともネット上ではタブーのように扱われ、しかもそれが現実社会でもタブー化しているという事実が顕著に現れている。
インターネットが自由な言論空間を作り出すという理想を素朴に信じていたのだが、むしろ逆に、タブーを増大強化しているようである。
全体の内容としては同意しにくいが、タブーを増大しているとの向きは法関係のみならず重要な視点であると思います。




(22:01)

◇キリーク・ザ・ブラッドというトラウマ


Kileak The Blood : 1995 - FMV (1/3)

PSのロンチタイトルのなかには重厚な一人称視点ロボモノがあった。が、かなりの難易度(アクション要素よりもマッピングとかエネルギー補給の作業)を求められたこともあり、その世界観と、ロンチタイトルというPS初期にあるまじきユーザーを突き放すようなソフトを買わせたことである。


Kileak The Blood : 1995 - FMV (3/3)

作中に出てくるプロテクトアーマーが階層を行き来する時の「ハイスピードムーブメント オォン…」というナビの声がひどく耳に残っている。ちなみにダンジョン内でもこのナビや通信がリアルタイムで聞こえるので臨場感はあった。


そして、事実上「ベルトロガー9」がキリーク・ザ・ブラッドのスタッフの一部が関わっていたり、セガサターンにも「ダイダロス」という似たようなものがあり、この当時のロボットデザインと3Dの関係性が窺える。また、俺のこじつけでは「ベルトロガー9のソーサラー1=キリーク・ザ・ブラッド、ソーサラー2=キリーク・ザ・ブラッド2、ランツクネヒト=暴走してしまったクリエイター」となる。 

アマンダ、これを止めるのは俺だ。自分が悲しむことも、人を悲しませることもしたくない。


キリーク・ザ・ブラッドの被害者の救済に向けて、ベルトロガー9はアーカイブス化された。そしてネットなどの情報発信の拡大により、俺達にとっての黒歴史の轍を次のユーザーが踏むことはなくなったのだ。。。。。クソゲーの烙印を回避し、再軍備を整えるのだ。



◇他いろいろ思い出すもの

Front Mission Alternative Alpha Version Trailer

動画は9分。最初の二分の映像は「SQUARE’S PREVIEW」のいずれかに収録されているはずだ。

天使同盟 オープニング


 
Saga frontier2 Final Battle 

 
Chrono Cross Opening HD

 

ウルティマ アンダーワールド(移植)


激走トマランナー


鈴木爆発

【BGM】 チョロQ(VER.1.02) - メインテーマ [01/13] 

Arc the Lad OST - Battle 2


Air Combat Soundtrack #6 "Head First"

ナムコ系は音楽CDとして再生するとBGMが入ってることがある。ナムコではないがチョロQも然り。

ポポロクロイス物語 ~戦闘曲メドレー~

ポポロクロイスというイラストからイメージしている人間に、タイトル名を教えずBGMを聞かせてみればどういう反応が返ってくるか楽しみだ。

[VGM] Blaster Master - Blasting Again ~ Rush Boy (Theme of Roddy)


クライムクラッカーズ ED



◇◇◇




Acid(アシッド)





初代プレステって謎のゲームが多かったよなw

 45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします

 

なんかユーザーよりクリエイターの方が先いってた時代だったと思う

初代PSソフトまとめサイト

PS3 / PSPゲームアーカイブスWiki @2ch
ほめぞう名で特定の日に集中してコメントを置かせてもらっている。



(20:20)