November 19, 2012

記事投稿後の切替がうまくいってない。
まあ時間帯も関係してるんだろう。
しかしそうなると記事の投稿前とかでも重くないと辻褄が合わない。

とにかくんなこたぁいい。
パソコンに詳しくないので原因などわかろうはずもないが、
一応考えとしてはトップページの記事に動画が最近張りまくってのも原因のような気がする。
一つ記事を投稿すればそれだけ処理がかかってると思うし。

つーことで試しに空白記事でトップページを埋めてみようと思う。
トップの表示件数を変えれば早いが、それだと同じ環境下でないので意味が無い。
しばらく様子を見るべ。


(21:11)
記事投稿後の切替がうまくいってない。
まあ時間帯も関係してるんだろう。
しかしそうなると記事の投稿前とかでも重くないと辻褄が合わない。

とにかくんなこたぁいい。
パソコンに詳しくないので原因などわかろうはずもないが、
一応考えとしてはトップページの記事に動画が最近張りまくってのも原因のような気がする。
一つ記事を投稿すればそれだけ処理がかかってると思うし。

つーことで試しに空白記事でトップページを埋めてみようと思う。
トップの表示件数を変えれば早いが、それだと同じ環境下でないので意味が無い。
しばらく様子を見るべ。


(21:11)
前の寄せ集めだがスクウェア関連はこれで大体終わりということにしたい。ほめぞうはファミコン時代からのFFを知りませんが、知る限り印象について補間したいと思います。動画を貼りすぎて音割れしてる場合はなんとかして検索してくだはれ。

ファイナルファンタジー4CC ジ・アフターイヤーズ 終章 Part7/9

だがクリスタルとは
その進化の過程や結果
すべてを記録する媒体でもある
ファイナルファンタジーIV THE AFTER 月の帰還
謎の少女(マイナス)
流星に乗って青き星に飛来し、各地のクリスタルを集める謎の存在。最初に現れた際にはセシルに一瞬リディアと思わせるほど、リディアによく似ている。同一の容姿をした者たちが無数にいて、一人称も複数形である。強力な召喚魔法や白黒の魔法を操り、中盤までは圧倒的な強さを見せる。青き星の住人を「劣等種」と呼び、自分の名前や目的も明かそうとはしない。セシルを洗脳して操り、悪カインにクリスタルを集めさせる。
その正体は、クリエイターによって作られた進化の実験体「マイナス(複数形は「マイナデス」)」である。真月の中心部には、大勢が培養・収容されていた。彼女らの役割は、自らは動けないクリエイターの代行者として、その星の歴史が記録されたクリスタルを集めることである。
クリエイターの手足として無感情で機械的であったが、クリエイターが暴走・崩壊をはじめた際は、感情らしきものを見せて一行の脱出の援護をするとともに最後のマイナスであるクオレを「我らの未来」として連れ出すよう頼み、最期にクリエイターを「我らの父」と呼んだ。
クリスタルから再生された者たち
クリエイターが自身の道具とするべくクリスタルの情報から再生された者たちで、終章にてパーティの前に立ちはだかる。いずれも無理やり蘇生された上で、自我を抑制されており、再度の永眠を望んでいる。
これら以外にも、シリーズの他の作品のボスも再登場するが、これらはクリエイターが過去に回収した他の星のクリスタルから再生したものとされる。ただし、クリスタルが登場しない『VI』世界のものが再生されていたり、逆にクリスタルが登場する『IX』世界などのものが再生されていない。登場するものは『I』から『VI』に限られ、世界観の繋がりよりもあくまでファンサービスの要素である。
バブイルの巨人
太古にゼムスが青き星征服のため作り上げた巨大なロボット兵器で、制御装置が再生されて登場する。生命ではなく兵器であるバブイルの巨人の再生は、一行にクリエイターが行っているのが単なる死者の蘇生ではないことを知らしめることとなる。
◇◇◇

【MAD】10分で振り返る聖剣伝説 LEGEND OF MANA【10minutes of mana】




◇◇◇
チョコボの不思議なダンジョン

チョコボの不思議なダンジョン 第3のダンジョン 最深部の先

一般的に9999階が最深部と言われていますが、実際には10000階まで行くことができます。もちろん実機で行けます。9998階を降りた時にジャニターの店を出現させ-るように調節し、その後、歩き回って死神と出会い、死神の攻撃を受けて強制的に降ろされます。その後、魔方陣を出ると10000階に着きます。複数階一気に降りることので-きる方法です。


クリシェール戦のBGM「戦えチョコボ!」はサガフロンティア2のラスボス戦(前半)の曲「Misgestalt」にも似てる。同じ浜渦正志という人が作曲に関わっているのも重要。その「Misgestalt」には怪物という意味があるそうだけど、エッグに劣らず十分クリシェールも怪物だと思う。そしてチョコボではそれを超えていく…。両作品ともラストバトルが同じ宇宙を背景にした舞台で。

うろ覚えで悪いが作中こんな感じのテキストがある。
我々は地中深く紫水晶を埋めることにした。
しかしいつかは掘り返される時がくるだろう。
その前にこの本が発見されることを望む。

そしてこれはブログを書き始めた頃の文章で拙い意見だが、剥き出しのまま掲載する。こじつけてはいても、断じて現スクエニを揶揄したりこの記事の品位を貶めるために載せているわけではないと言っておきます。そのくらい自分にとっても影響力の強かったゲームです。
村の存在と発展
任天堂とSCEのCD、カセット問題の確執があった時のこと。
PSに傾倒しつつソフトを提供し利益を上げたことから、村は当時のスクウェアのことで住人はスタッフではないでしょうか。後半やってくる住人は様々な理由を抱えた社員で、ラスボスを倒してもダンジョンが消えないことを不思議に思ってても、ほとんどの住人が村の発展には好意的なセリフをしていました。

紫のクリスタル
プレイステーション内部の読み取りレンズ或いはCDそのものを指すと思う。

村長の家にあるクリア後に現れる禁断の本
チョコボのレベルを1からやり直す設定。特典ディスクの最強セーブデータとの比較によりLv1とLvMaxの世界が存在することに。

アイテム
ユーザーが求める様々なジャンルのゲームの亜種を求めた物?。
ナッツや薬品各種はチョコボのキャラクターとしての食い意地の象徴で、
召喚獣の魔石や魔力の珠は欲がなさそうなチョコボにとって唯一の欲望の結晶のような。リサイクルボックスは嵩んだコモンアイテムの行く末です。

ダンジョン
1stダンジョン=畑を耕すカミラパパがヌシ=スクウェア創業者たちでしょかね。
2stダンジョン=アトラがヌシ=意欲的な冒険者(クソゲーハンター)?
3rdダンジョン=かかしがヌシ=オメガや神竜がいる時空と100Fごとのループ空間はプレイヤーの究極の分身をあらわしている(スクウェアの後継者)。

チョコボ(プーレ)
果ての無い欲望を持つプレイヤーを揶揄したのかな。
(物事の有限を只管に受け付けない鈍感さの象徴)として。

かかし
村の畑に立っていたかかし。
ダンジョンの虜になったもののこと、あるいは魂を持つ生命への執着にも。
かかしもまた村を見守る住人であり、ヌシにふさわしい。

クレール(ウィズ)
紫結晶に生み出されたのにラスボスを倒しても、自らが消えないことに疑問を持つセリフ。事の真相を知る数少ないかつての冒険者でありトルネコ(貸し倉庫屋=商店)を髣髴させる。

フォック&レーグラ
空き家を貸してくれた博識な村長と研究家(些か攻略本マニアといったところ)。
なぜ彼らでさえ紫水晶にまつわる文献を早く見つけなかったのか?
もしかしたらあの本が発生した時期はダンジョンと同時期だったっけ。

ジャニター
ダンジョンの合間に店を開いている。
正体は紫水晶だが、ユーザーを取り込むためなら殊更にその姿さえ変化する。
ヌシが作るモンスターやアイテムやワナは、取り込んだ魂の欲望に応じて変化しますが、様々な地雷ゲーを作りユーザーを鍛える制作者にも見えます。
バンダイの欲望とオーズ、チョコボの不思議なダンジョン
 「無」を求める程の欲望、泉比奈「ヒナ」、時空を超えるバハムート、神竜、オメガ、紫のオーズ、アンクの右腕、プテラノヤミーの能力、次作「仮面ライダーフォーゼ」における宇宙の舞台、真木博士が最後に宇宙次元っぽいとこへ放り出されたこと。ワンダースワン、バンダイ、ローンチタイトル、チョコボの不思議なダンジョン、欲望、オーズ作中のアンク、真木博士の人形、コピー及び分裂。

拡散を防ぐにはヌシ(親鳥)に取り込まれた者を土(鉱石)に還らせるとでもいうのだろうか。ちなみに平成ライダーではほとんどの作品で「平和に生きてる一般住人が真の黒幕」だったりする。もちろん公式設定じゃないけど、あの世界で唯一最後まで全体に絡んで来なかったのがクスクシエの店長…真木博士が助けられなかった姉に似た人、である。火野映司らを含む登場人物に寝床を提供し、日替わりで店の様相が変わる…いわば前衛的な「村の大黒柱」と。

ps1 チョコボの不思議なダンジョン 君をさがして 立体音響

この曲を聴くと泣きたくなる気持ちだ。 


◇◇◇


この記事がPS時代に偏重していることは認める。その上で個人的な音楽を挙げたい。

Saga Frontier 2 - Feldschlacht IV Groove


この曲は「Romancing CYBERBARD - Feldschlacht 4, 2, Todfeind - Lounge Style」で検索しても出てくるだろう。「Feldschlacht」はナンバーがつけられて幾つかあり、どれもバトルBGMだ。この曲は自分の記憶では戦闘中に流れたかどうかわからない。おそらく「Feldschlacht Ⅳ」のオリジナル・サウンドトラックのアレンジかなにかだろう。

ゲームをプレイした者の感想を加える。
「Feldschlacht Ⅳ」の戦闘曲が流れるのは後半も後半、ジニーの時代である。ギュスターヴらが切り開いた時代の後、冒険者の匂いのする軽妙な音楽。パーティーメンバーにはジニーのおじいちゃん(ウィル)やそれぞれ異なる背景を抱える者が集まる。彼らは収束していく時代の中でエッグという存在を追っていく。

不思議に荘厳な曲ではないのはなぜだろうな。幻想的でもない。それでいてどこかレトロチックな感じのする音楽。しかし思う。この曲はそれまでの「Feldschlacht」を過去にするのだと。急速に新しい時代が訪れようとしているのだと。だからジニー編のシナリオは非常に短く、バトルは必死なものになってくる。そんな中でもエレガントに彼らは戦う。迷いのない感じを推したい。

そしてまた「Feldschlacht Ⅰ」へと戻っていく…。

◇◇◇

サガ違い
かみ(魔界塔士 SAGA) -アニヲタWiki-
1「ゲーム?

かみ「わたしが つくった
 そうだいなストーリーの ゲームです!

2「どういうことだ?

かみ「わたしは へいわなせかいに あきあきしていました。
そこで アシュラを よびだしたのです。

4「なに かんがえてんだ!

かみ「アシュラは せかいをみだし
 おもしろくしてくれました。だが それもつかのまのこと かれにも
たいくつしてきました。

3「そこで ゲーム‥か?

かみ「そう!そのとおり!!
わたしは あくまを うちたおす ヒーローがほしかったのです!

1「なにもかも あんたが かいた
 すじがきだったわけだ。

かみ「なかなか りかいが はやい。
 おおくの モノたちが ヒーローになれずに きえていきました。
しすべき うんめいをせおった
ちっぽけなそんざいが ひっしに
いきていく すがたは
わたしさえも かんどうさせるものが ありました。
わたしは このかんどうをあたえてくれた
きみたちに おれいがしたい!
どんなのぞみでも かなえて あげましょう。

2「おまえのために ここまで
 きたんじゃねえ!よくも おれたちを みんなを おもちゃに
してくれたな!

かみ「それが どうかしましたか?
 すべては わたしが つくったモノなのです。

主人公「おれたちは モノじゃない!

かみ「かみに ケンカをうるとは‥‥
 どこまでも たのしい ひとたちだ!

かみ「どうしても やる つもりですね。
これも いきものの サガ か‥‥
よろしい。しぬまえに かみのちから とくとめに やきつけておけ!!

◇◇◇

Threads of Fate/Dewprism OST: Reunion

「リユニオン」という言葉に反応する人もいるだろう。FF7当時の
「俺たちは……どうしたらいい?」

「この痛みはどうしたらいい?」
チョコボにおける「かかし」、FF7における「人形」、FF8も然り、デュープリズムも例に漏れず。

Threads of Fate: Serene Town


Threads of Fate OST - Pass through the Forest


◇◇◇
◇最後に

FFのスタッフは、物語の対称性にずいぶんとこだわりがあるようです。

有名なものでは、セフィロスとクラウド。スタッフが公言しています。

他にも色々ありまして…。
そういえば、ストライフ(strife)を引き起こすストライフ君は、リユニオンの目的地であること以外、アイシクルには関係がありませんねぇ。st.rife with strifeということで、コンピレーション関連のものはストライフ宅の近くにある神羅屋敷にでも集められたのでしょうか(←なんと強引な…)。

【キャラクターの名前の由来】 - ファイナルファンタジーExtra Wiki*
クラウド=雲
エアリス=大地、地球
セフィロス=生命の樹(ヘブライ語sephiroth)
ザックスの名字「フェア」=快晴(fair weather)
ルクレツィアの名前=ルネサンス期の女性「ルクレツィア・ボルジア」
ルクレツィアの名字=三日月
クラウドはファミリーネームまで含めると「闘争の兆し」になる。
精神医学界用語だと「存在しない者」
つ要出典
バレット=弾丸。娘のマリンは海という意味。
闘う者達:ファイナルファンタジー7




(20:38)

November 18, 2012



◇◇◇
◇トレジャーという会社

Silhouette Mirage - Night Flight

尤も、シルミラの側にも非は多い。延々金稼ぎを要求される冗長性や、属性というアイディアが 必ずしも遊ぶ側にとっての快楽に結びついていないところなど、何度も遊 ぼうという気持ちにならない部分が多過ぎる。そしてたかが1回のプレイで分かる程には、語っている主張は単純なものではない。

引き裂かれた世界。その世界に根を張り生活する者たち。
そこへ過去への回帰を主張し舞い降りた罪人の名を持つ救世主。
世界を2分する価値観、それを巡る争い、人々の思惑。
正しい選択とは何か。今生きているこの世界を否定し、世界を過去に戻すことは、本当に世界を救うことだと言えるのか。

もしも、あなたがシルミラをいまいちなゲームと思っているならば、アクションゲームとしてではなく、「物語を語る媒体」としての目を持ってもう一度遊んでみて欲しい。そしてその裏に流れる「主張」に気づくことが出来たなら、このゲームを今までよりは面白いと感じることが出来るはずだ。






-SS版STAGE1の音声について-

Radiant Silvergun swordplay - Stage 6


◇◇◇

源平討魔伝 Music

神様は死んだ 悪魔は去った
太古より巣喰いし 狂える地蟲の嬌声も
今ははるか 郷愁の彼方へと消え去り
盛衰の於母影を ただ君の
切々たる胸中深くに 残すのみ
神も悪魔も降り立たぬ荒野に 我々はいる
故深谷正一氏に捧ぐ
『源平討魔伝』の隠れた開発者メッセージ:ゲームミュージックなブログ
だいぶ前に『ドルアーガの塔』『ゼビウス』といった同じく80年代ナムコの黄金時代を作り上げてきた立役者の一人である遠藤雅伸氏が2chに降臨した時のコメントが参考になるので、それを引用します。(情報元:はてな「源平討魔伝」の項)

 まず、深谷正一氏というのはナムコの80年代の名プログラマで、『キング&バルーン』『スーパーパックマン』などをプログラムされた方で、遠藤雅伸氏らナムコのプログラマからは『神』とあがめられていたそうです。 
 しかし、残念なことに31歳の若さで急逝されてしまいます。それを惜しんだナムコの開発者は、各ゲームのエンディングに追悼のメッセージを残します。(Wikipedia「深谷正一」の項によると)『モトス』、そして遠藤氏の『イシターの復活』といったものですね。
 で、それの中でも明確なのが上記の『源平討魔伝』です。

 しかし最後の言葉だけではなく、どうやらこの文章全体的に開発者の追悼のコメントが隠されているらしいです。
 それは、前述の通り深谷氏が「神」と言われていたところから「神は死んだ」は深谷氏の死去を示しています。そして対の「悪魔は去った」ですが、ナムコには「悪魔」と呼ばれていた天才プログラマがもう一人いたようです。それが『リブルラブル』の黒須一雄氏。しかしどうやらこの時には遠藤氏はゲームスタジオを設立し、そこに黒須氏も移られていることからナムコを退社していたと考えられます。
 ということで「悪魔は去った」はナムコを退社した黒須氏と考えることが出来ます。
 そして「神も悪魔も降り立たぬ荒野に我々はいる」。ナムコにすでにいない二人の天才についての開発者の郷愁のようにも見受けられませんか?
(以上参考:http://game.2ch.net/gamedev/kako/1006/10061/1006184421.htmlの370-372あたり)

 余談ですが、この時代、プログラマがゲームデザインのみならず音楽やドットまでも兼任することが多かったことを付け加えておきます。

 やや類推解釈な点もありますが、少なくとも深谷氏に対する追悼の言葉は含まれているのでしょう。
 ちなみに『源平討魔伝』の開発中にスタッフが亡くなったという話が流れることがありますが、遠藤氏によるとそれはデマのようです(源平とかかわっていない&時系列的に違う)
◇◇◇


ルッカは母親を救うべきか?|クロノ・クロニクル
制作者が用意した、RとLの運命の選択。
ユーザーは思う「RとLを間違えたせいで、"助けようとしたけど、助けられなかった"」と。
これこそが、制作者がユーザーに与えた究極のエクスキューズなのだ。

一方で、運良くララを助けた場合でも、
今のルッカの人生に何ら影響が生じない。
これこそが、制作者がユーザーに与えた、最大の偽善なのである。

緑の夢で私たちがとるべき行動とは、
"制作者が用意したRとLのトリックを自分への言い訳にして、ララを助けない"。
これが正解ではないか。

──────────────────────────────────────

千年祭最後の夜、タバンは両足のないララを祭へと連れ出す。
彼はララと生涯を共にするだろう。
誰よりもあの日を悔やんでいるのは、タバンなのだ。

彼は「戻りたい一瞬」へ行ったことがあるのではないか?
しかし、彼は今を受け入れた。そして未来を……。

緑の夢、そこに垣間見える、タバンの物語。

「パスコードは……我が最愛の人」
それは、これからもずっと君の名前なんだ、
ララ。
クロノ・トリガー シルバード ~時を渡る翼~


◇◇◇

Front Mission Alternative Trailer

序盤の数ステージでクリアしてしまうルートだと、戦争背景の原因に至らずに終結してしまう。無論、主人公たちが駆る当初の試作機も原因の一つではあるのだが、決して見た目だけの外伝作品ではない。これをプレイした時、「ターン制ロボットRPGは現実を見せたくないのだ」という考えに至った。

Front Misson : Gun Hazard commercial with full size mech

ヴァンツァーは人間の心をも変えてしまうのだろうか

近い時期のものとしては、こちらはフロントミッションとも関係ないしそれにエニックスだが、SFCからPSに入っても似たような匂いのCMは出ていた。

ヴァルキリープロファイル CM

今はこうしたCMはないといっていい。
 
◇◇◇

シーマン2 渋声実況 part.28 (最終回)

たくさんの人に囲まれた暮らし、できるんでしょ?
(主の回答、うなずく)

ありがとう。ケータイくんそう言ってくれて。

へーえ、これでこの島ともお別れか…
こどものころ親父と一緒に走り回ったこの島、綺麗さっぱり無くなっちまったな…。

でも、俺は先に進むよ

◇◇◇

スライムってなんでいつも半笑いなの?クスリでもやってるの?
「テリーのワンダーランド」でスライムが最初に仲間になってくれるだろ(スラりんだったかよく覚えてないが)。育てれば、スライムでもメラが使えるのはスゲエと思ったよ。

あいつはきっとスライム族の歴戦の勇者(モンスター牧場に最後まで残ったという意味で)だったんだ。多分高齢になってからテリーに連れられて、ようやく戦いはじめたのさ。年だから素養がなくて、合成にもあまり使えなさそうだけど。

(ちなみに、アベル伝説とかもそうだし、幻の大地(漫画版)でぶちスライムが仲間になっている描写を考えるといろいろ頷ける)「ラストハルマゲドン」っていうPCEのゲームのスライムの成り立ちを見てみるといい。泣けてくる。あと「サ・ガ」シリーズもスライム系のキャラを使えたはず。
PCE LAST ARMAGEDDON スライム

人間が社会の発展の過程で作り出した廃棄物
それこそが自分の姿なのである。発展と引き換えに…
人間は自らに害を与えるものを作り出していたのだ。

「なんと愚かな。」

スライムの意識に、優しさと愛が生じた。
Last Armageddon-PC Engine




(20:14)
これ。

 視聴率急落フジに怪現象「トイレで自殺アナの泣き声が…」【怪現象】
実は、このトイレでは、今年の初夏に局を揺るがす事件が起きていた。元ニッポン放送の人気アナウンサーで、同局のクリエイティブ事業局事業営業部部長の塚越孝さん(享年57)が6月26日に自殺した。塚越さんは、この男子トイレの個室でスカーフのようなもので首をつった状態で、発見されたのだ。

この事件以降、フジテレビは”逆風”が続いている。トイレの近くの「V1スタジオ」で撮られている朝の情報番組『とくダネ!』の視聴率は、事件直後から悪化し、現在は5~7%台。同じく同スタジオから放送しているお昼の情報番組『知りたがり!』は、ついに視聴率が2%を割るまでに急落した。三田友梨佳アナとお笑いコンビのパンクブーブーが司会を務めていたバラエティ番組の『ミタパンブー』は、打ち切りの憂き目にあっている。

「局内のスタッフは、『V1スタジオ』で撮られた番組の視聴率が落ち込んでいるのは、”塚越さんの祟り”だと怯えています。これらの”怪現象”が起きるのは、このトイレで自殺した塚越さんの呪いだと」(フジテレビ関係者)
 まとめブログにも幾つか記事が載っている。

頭おかしいんじゃねえのか。死んでからもネタにされる謂われが個人にあるものなのだろうか。

◇◇◇

「妖怪ウォッチ」の漫画連載が12月15日発売の月刊コロコロコミックでスタート。ゲームのストーリーを先取りできるかも

◇◇◇

世間「テレビがますますつまらなくなっている」 テレビ局「金をかけられないんだから当たり前だろ!」

一応面白いと思った番組名はメモしておりますので、今年終わり頃までには記事にしておきたいです。

◇◇◇

スクエニ社員 「技術的な評価で出世した例はあまり見たことがない。『仲良し人事』 で評価を下される」「頭より体で稼いでくださいという風潮がある」
10  名前: 名無しゲーマーさん 2012年11月16日 13:57 返信する
何処もこんなもんだろ
ただメディアにこういう情報が露見してしまうことは問題だ
末期なんだろな
そういえばガンハザードのCMをどっかで記事に挟みたいと思ってるんだけど、ほめぞうの視点から見たスクエニということで記事を書くべきなのか。でもゲームって開発元とか名前だけってのもあるし、どうしたものか。

◇◇◇

運命と自由意志のアマルガム。
同じく、現在各方面で活躍している人達にしても、そうやって活動している背景には、それ相応の因縁があったのだろうし、今まさに花を咲かせようと頑張っている人達・まだ双葉が開いたばかりの人達も、現在の境遇のなかで、良かれと思う行いを粛々と積み重ねていくほかないのだろうと思う。皆、それぞれの事情や過去を抱えながら、現在を積み重ね、未来へと歩き続けていく。それは大人も子どもも同じだろう。

 もちろん、世の中には「運命ですね」で済ませるわけにはいかない理不尽もたくさんある。例えば、19世紀末のイギリスにおいて、裕福ではない家の子どもが炭鉱労働に従事するのは半ば「運命」だった。けれども、そうした「運命」が非常識になっていったように、ある時代・ある共同体・ある個人において「運命」とみなされていた理不尽が、多くの人達の尽力によって「運命」ではなくなっていく可能性は残されている。仮に、自分達が生きている間には果報が訪れず、自分達の世代の蒔いた種が実らない場合にも、後の時代に咲く花の肥やしになることがあるかもしれない。
それが自分の意志だったのか、他人の意志が少なからず影響していたのかを確認できればいいのだが。そうして初めて「意志」になるような気がする。

◇◇◇

「戦律のストラタス」というゲームのネタバレを知りたくて(PSPが壊れてるから)、調べていたら憤慨した。

戦律のストラタス 感想
ストーリーの真相が正直酷い、順を追っていきます。
まずこの手の侵略者ものでは良くあるとはいえ、
・主人公たちの世界は実は電脳空間上の仮想世界
・物語中に敵の攻撃で迷い込んだよく似ている別世界が、実は現実世界
・そこから逃げ込んできた老人たちにより、世界はコントロールされている
という設定のもと主人公たちがコンピューター上のキャラクターとされてしまう、
つまりこの時点で物語中での人口カウンターが持つプレイヤーへの意味が消失します、
プレイヤーは世界を救う使命を持ってゲームに没入し、
その目安であるはずのカウンターが、本当にゲームのメモリと化す。
その投げ出され感が半端なかった。
ああああああああああ(心境)

人口カウンター意味ないのかよ。フィールドBGMいいのに。でもやっぱり単調ゲーだったという。ちなみに「無限航路」のシナリオかなんかも書いてる人関係あるらしいね。あれは主人公が大人になった時点でいい具合におっさんの風格が出始めている稀有な例なんだが。

◇◇◇

975:風の谷の名無しさん@実況は実況板で:2012/11/17(土) 12:18:34.90 ID:dQg8OSPi0
アニマが「韓国推ししていない」はウソ。
 
夕方6時台の放送のCMみてみ。 
カードゲームのCMしているけど、不自然に韓国の国旗が出ていて、
最後ワイプ画面で出演者の後ろに最後まで韓国の国旗が出続けている。 
なんか子供相手にカードバトルする感じのCM。  
「会社の星」でおもちゃ開発者の特集が放送された時に、海外展開ということで韓国の企業と話し合ってたけど、あっちはあっちで売り込みに苦戦する要素があるようですな。でも夕方6時台なの?。

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/17(土) 12:03:09.29 ID:r3cuIA7JO
ワロタ 

ネトウヨでもリアルでは口ごもるのに実名でこんな記事書くとはwww 
単に中日新聞がそれくらいにしか思ってないってことなんじゃねえの。アメブロのステマも前のやつではっきりしてるし。
160 名前:名無しのAsian:November 18, 2012 07:23 ID:OvPBWKHl0
ネトウヨとか問題じゃなくて、
これは普通におかしいだろ。
原作では見た目は
『シンプルで大しておいしそうじゃないが、匂いをかいだら美味しそう』
なんだから、そもそも見た目を美味しそうにする必然性が皆無なんだよ。
『匂いを嗅いでおいしそうで良かった』
それよりも作者はなにもコメントしてないのか?。

◇◇◇

探偵!ナイトスクープに尾鷲の「須賀利巡航船」が
これ見てた。
町中で…ここに良い「せこ」があります…。
 
「せこ」って?
せこ。世古のことではないのか。

自分の知っている三重県の地方の名前には「世古◯(後に漢字が続く)」という苗字の人が多くいる場所が存在する。三重県だと多い名前は「伊藤さん」とかな。

伊勢地方だと思っていたが、そうか。尾鷲に…。
これが「せこ」。
 
 
本道から脇に入った細い道??
◇◇◇

そういえばこんなサイトがかかったんだ。

言葉の噛み応え
注意
◆ このブログの内容は引用が中心ですが、知識の切り売りを目的としたものではなく、投稿者の備忘録として作成されています。皆さんは、ここに書かれた引用のみで満足することなく、なるべく原典に触れる習慣をつけてください。
◆ このブログでは、投稿者が独自に調査したデータや、知人から伝え聞いたエピソードなどが掲載されることがありますが、そのまま受け売りにせず、皆さん自身が事実関係を調査し、記事の真偽を見極めることができるように努力してください。
◆ ここは金言や名言を羅列することを目的にしたサイトではありません。どんな金言や名言も、羅列したとたんにただの展示物になってしまいます。長い引用も短い引用も、じっくり噛み締めて味わい、あなたの財産にしてください。アーカイブも一度にすべて読むのではなく、毎日少しずつ読むようにすると良いでしょう。
◇◇◇

松谷創一郎『ギャルと不思議ちゃん論』 - 絶倫ファクトリー
個人的に気になるのは、こうした女性のスタイル選択とネットの関係である。ネットは何につけても「名指し」を行う。メンヘラ・非モテ……ファッションに限らずあるスタイルについて、類型化し、名指しを行う。CGM、つまり閲覧者と発言者が極めて、近接的である状態ではこの類型化の作業はコミュニケーションを円滑にする上で非常に重要となる。

名指しは、スタイルのクラスタリングを加速する。それは簡易な類型化を伴う。つまり「**であればxxというスタイル」「★★であればnn」という、類型化である。それはそのスタイルを選択することの障壁を下げる。またソーシャルメディアの普及によって、名指されたクラスタが広まる、つまり意識され再帰的に選択されるサイクルも縮まった。

これはスタイルの分化を促進する。逆にいえば、スタイルが使い捨てられる時間も短くしてしまう。そして、女性が常に何らかのスタイルに属さざるを得ないことを、女性自身が自覚する機会も増やす。何らかのスタイルを選択するというゲームから降りれない。降りたとすれば、降りたというポジションをあてがわれる。そのボリュームが大きければ、マーケティングの対象にされる。男がたとえ彼女らを見逃そうとも、資本は彼女らを見逃さない。これはネットの影響がなくても言えることだが、しかしネットはそのサイクルを加速する。メタゲームを加速する。

メタゲームの細分化と加速、そして何よりそうしたメタゲームから降りるという選択肢がないこと。そうしたことをネットが女性に自覚させる。つらぽよな時代である。
ここ最近、別のあるサイト(ネットメディア運営者か)でも「個人の物語」についての話をしていた。やれ、我々の書く日々の出来事は既に誰かが書いており、より優れた見識に打ちのめされるだの、そういう話だったのだが。だったらどうするんだと。

ここ数年間におけるソーシャル系だの、ブログやサイトを書いてる側の若い人が飛びつきそうなキーワードでゴテゴテ装飾された記事も減りつつある。ようやく魔法が解けたのか、他に移っただけなのか。

時々思う。彼らが時折その恥ずかしい言葉や態度を出しているのは彼ら自身にとって有益なのかと。もしかするとネットやパソコンに触れた当初の自分のような人間が、当たって砕けろの精神でいきなり物書きを始めたのではないのかと。俺にはそう映る。

だから彼らが崇高な目的を持とうと、それをどうこう言える立場ではない。ただ、その結果が、いやこういった記事の主は若い人には見えないが、いまさらメタゲームの話やクラスタリングと言われても、その先にあるのがなんなのか。メタゲームから降りたものはおそらくネットに姿を現すことはねえんじゃないのか。

真に自覚がないのは「メタゲームなど存在しない」ことを受け入れられない人間なのではないのか。クラスタリングとかいうのはあるとしても。

(追記)

メタゲームを加速させるのはその指向性を外に向けるか内に向けるかでしょう。
いっそのこと「病み自慢」をしてるとでもいうのか。
外に向かっているのは「見えている競争性」で、
それじゃメタゲームが終わるはずもない。
しかし、「つらぽよ」はそれぞれの内に向けて問いかけているうえで

◇◇◇

【お詫び】当サイトの広告について
・掲載経緯
8月3日に株式会社エール様より今回の広告を提案していただきました。
出会い系の広告を今まで掲載していなかったのもあり、試してみたい半分で有害サイトではないのかなどの確認を取り、いわゆる出会えない系のサイトではなくクリーンな出会い系サイトだということで掲載を開始しました。

10月7日以降は株式会社ファイブエニー様に提案していただいた広告も掲載を開始いたしました。
これも理由は同じく、クリーンな出会い系サイトだと確認がとれたためです。
>>クリーンな出会い系サイト
>>クリーンな出会い系サイト

???

・広告費
一件の登録につき単価1500円で掲載しておりました。
直近一ヶ月の成果
登録件数:210件 188件(※電卓の叩きミスで登録件数の誤差がありました。ご指摘いただきありがとうございます。)
支払い額:282,000円
それよりこの数よ。数。

この登録数、水増しできるってことはないんだろうか?。アンテナサイトで誘導とか。

◇◇◇

そういえば画像らしい画像がもうないな。



一応ワイプアウトの機能で画像に修正入れてます。
二枚目はもうちょっと赤味を少なくしたほうがもっといい色になったのですのう。



マール王国の人形姫も中盤までいかずに放置してたな。


ドラゴンズドグマの景色はよく空を観察してる気します。
黄昏っていう感じ。


いわずもがな。

いま入ったニュース

『週刊トロ・ステーション』サービス終了に関するお知らせ

うへえ



(09:54)