December 25, 2012

◇◇◇

ゲーム業界のタブーって何があるの?
49 名無しさん必死だな :2012/04/01(日) 15:49:59.18 ID:H9A9b8N/0
>>48
ソニーハードで出たDQ4、7やDQMすらゲームアーカイブスで出ないとか
堀井の力はスゲーとは思うよ
DQはスクエニのもんじゃなくて堀井の所有物だと改めて思い知らされた

で、3DSにDQ7というわけね。
過去を否定したいと?。ありえんと思うが…。

それより、任天堂は往年のブランドに新しいシステム入れてる素振りあるのに、新作マリオがコテコテのスクロールっぽくて大丈夫かなと思う。パーティーゲーム化したいんだろうけど心配ではある。
99 名無しさん必死だな :2012/04/07(土) 22:31:00.51 ID:Fdy2865G0
>>96
悪の任天堂と初心会を潰したSONY万歳!

と思ってたら小売を中古禁止なんかで締め上げ
サテライトとして取り込んだデベロッパを飼い殺しにしたのは
タブー・・・というかゲハでは常識か?
それはどっちもどっちなんだろ。
1034   学名ナナシ  : 2012年12月24日 17:35   *この発言に返信
PSの定価販売については、公取委が余計な横槍入れただけだけどな
上で語られている次の流れとして、それまであったゲーム屋は
家電量販店などの資金力の強い企業に安売り合戦で淘汰されてしまった
何故かこの失策の結果については誰も触れないという不思議
(上)コメント欄ではこのように言われている。
144 名無しさん必死だな :2012/04/10(火) 19:43:30.71 ID:tcFYBkVNQ
>>137
ドラクエに関しては物語後半の部分は公式ガイドブックであろうと掲載しないんだよな。

で、たまに書店でみかけるゲーム中の画面を一切掲載せずMAPやアイテムだけの掲載がされている攻略本はメーカー未公認攻略本。

156 名無しさん必死だな :2012/04/11(水) 18:11:26.93 ID:xwkT4w9W0
>>137
メーカーがまともに情報提供してる雑誌は
当時の裏技とかもメーカー提供の情報が殆どだし
掲載はメーカーの許可が必要

某誌の裏技投稿者とか適当に日本海側の田舎な県にしてでっち上げてた
普通は東京とか大都市圏の方が目立たないのに馬鹿だなぁとメーカー側の人間は笑ってた
大体、編集締め切りを考えると、そんな田舎で発売日の何週間も前にそのソフト手に入れ
複雑なコマンドの裏技とか発見する奴がいるわけないんだけどね
都内とかだと流通過程によっては2週間前に手に入れてても不思議じゃなかったのにね
そういう風に「情報」だけが独り歩きしたりゲームプレイの礎になるのが嫌で、過去にプレイしたゲームを思い出して語りたくない感じで。「感想」と「攻略」は違うし、でも攻略に繋がる物の見方というのはある。そういうのならゲーム全般に通じるし。だからあまりデータベース化したゲーム雑誌は好きじゃない。でも他の人にとってはそれがないとおまんま食い上げになっちゃうんだろうし。

159 名無しさん必死だな :2012/04/13(金) 09:12:33.84 ID:5HthyhOJ0
>>158
ここで忘れ去られてるPSXが真タブー
海外から上げられてるゲーム動画だと「PSX」って名称は普通に出てくるよ。

俺は「忘れ去られる」ことと「それが持つ本当の影響力」は別だと信じている。自分の思うリアルが嘘かホントかなんて誰にもわからない。みたいな。

214 名無しさん必死だな :2012/04/16(月) 21:56:32.33 ID:ohTh88FfO
任天堂とソニーのCDマシン開発は闇のままだよな
ソニーだけが儲かるような詐欺契約だったという噂はきいたことあるが…

219 名無しさん必死だな :2012/04/16(月) 22:15:15.58 ID:AViRLeCd0
>>214
ソニーとの契約で問題になったのは
丸山曰く「カラオケ用CDを出すため」という契約が
「ソニーが出すソフトは任天堂の許可も不要で、利益は全部ソニー」って書いてあった

カラオケならカラオケと書けば通ったかも知れないが
NOAの組長jr.らが「この契約だと、ソニー通してソフト出されて任天堂丸損になる」と解釈して破棄を勧める
これは当然の結果だよ

この時、後にPS時代の経営の事実上のトップの徳中がNOAと交渉に当ってたが
丸山が怒って呼戻したんで、完全に決裂した
徳中はSCE退社後も、ソニーフィナンシャルをグループ利益の中心にまで持って行ったし
PS1時代の消費者の騙し方の上手さから見ても、丸山が呼戻してなかったら
SFCの次はソニーとの共同制作ハードになってた可能性があったかもな

222 名無しさん必死だな :2012/04/16(月) 22:48:40.81 ID:raYKdmWa0
>>219
普通に詐欺師が詐欺師の仕事して
任天堂のノウハウだけ只取りしたんじゃないの

223 名無しさん必死だな :2012/04/16(月) 23:15:04.62 ID:AViRLeCd0
>>222
だから、丸山の言い分ではカラオケ用ソフト出したかっただけって事で
任天堂側はこれに関して一切コメントしてないから判らないよ

むしろ、丸山がカラオケ云々言ってこず、久夛良木だけで交渉してたら任天堂有利のまま進んだかもね

ただ、久夛良木は久夛良木で望んでた機能が違う
映像ストリームにCGを乗せる機能を安価な民生機で実現だから
拘ったのはサンプリング音源と映像デコード
SFCの音源の時からサンプリング音源には拘ってて
部下とデモまで作って売り込みに行ってる
元にしたのは80年代のCGワークステーションと
SFCの時はすぐ廃れたソニー製ワークステーションをベースにデモを作ったりしてる
根本の部分はPS3まで一貫しているよw

225 名無しさん必死だな :2012/04/16(月) 23:36:41.04 ID:/eolNOcn0
>>223
久夛良木はユビキタスネットワークを作りたかったわけで
ゲームなんて踏み台にすぎないのは一貫してるよね

227 名無しさん必死だな :2012/04/17(火) 00:59:32.06 ID:4yMdlIKX0
>>225
そんな大層なもんじゃない
ニコ動やニコ生の豪華版みたいな感じだよw
マジでエンコードもクラウド上でやって、リアルタイムで他のユーザーがミックス出来るとか何とか
ポッドキャストをその場で編集とか何が面白いのか久夛良木さんにしか理解出来ないよw
多分、電波少年やウゴウゴルーガみたいのを視聴者の作家兼演出を交えて生でやるみたいなのを夢見てたのが20数年前から

そんな子供の夢みたいなものだから、簡単に1兆もドブに捨てられたんだろう
普通のいい大人には無理
237 名無しさん必死だな :2012/04/17(火) 02:05:24.81 ID:uCEi3YRk0
プーヤンを作ったのはハドソンとずっと思ってきた俺
だがググったらコナミとなっててorz
でもよく見るとFC版はやぱりハドソン

てかプーヤンもなんかタブーあったよな

260 名無しさん必死だな :2012/04/17(火) 16:13:16.21 ID:lVdlhwtP0
>>237
当時のコナミ工業はハドソンの下請けでソフト作ってた。
ハドソンの方が大きい会社だったし。
この両社の現在を見ると、企業の行く末って分からないなあとつくづく思う。

プーヤンはスペースインベーダーを横にしたゲームなんだとか。
同じスタイルでスクランブルってゲームもコナミから出てたな。
これを発展・進化させたのがグラディウス。
MSXが縦スクロールが不得意だった(多分)せいか、
黎明期のコナミは横にこだわったゲームが多かったな。
コナミの成長はMSXと共にあった。
パブリッシャーだのデベロッパーだの、時期や組織の構成まで含めると仕事に関わった個人まで上げないとダメなんじゃないかと思う自分がいる。もし今までプレイしてきたゲームの中に、「もしかしたらこのBGMは…このインターフェースは…この難易度は…このフィールドの作りは…」を個人レベルで特定できるようになれば自分は本来そうしたいのだが。
だが時間がそれを許さない。


最後に残るのがゲーム業界人にとっての希望や栄光ではなく、未完成の作品や、誰もが忘れたソフトなのなら、これからもゲームを遊び続ける人間はどうしたらいいのだろう。

1030   学名ナナシ  : 2012年12月24日 17:33   *この発言に返信
ゲーム業界のタブー?
ゲハを外に出さないことに限るだろ

クソアフィも取り扱うな、アルファもゲームネタ取り上げるな
少し違うな。

ソニー叩こうが任天堂叩こうが、誰も今自分がプレイしているゲームソフト(もしくは作ったとこ)を現在時点で正当に判断評価できない人間が多いだけってことだろう。だから誰も感想を言わない。自分の発言に責任を持てない。自分の判断が間違っていてもそれを分析する気のある人間がいない、時間を割きたくない、ただそれだけのことのような気がするよ。本音を言えばそんな世界はいずれ淘汰されると思うが、その時は何が残っているかはわからん。お祭りでいた頃が幸せだったと言うか、それでもまだまだ続くぜと言うか。

(04:00)
ゲームアーカイブスwikiへのPSソフトにコメントしておいた。この一年間のプレイではなく過去二年分くらいの量なのでそろそろプレステでやるようなゲームは無くなってきた。

ではこの一ヶ月間くらいの見てきた話を上げます。



ミニシアターのデジタル化問題、若者の映画館離れ、などなど
「若い子は映画館で2時間携帯切って外部から遮断されるのが耐えられないって意見が…」これは気付かなかった。映画館体験が、彼らにとって拘束時間に見合わないとしたらどうすれば良いのだろう。
cinefuk 
海外の映画館では客席から笑い声が出たり拍手が出たりする観劇者の共有体験を何度かしたけど、日本ではどこも物音や臭いを出そうものなら周りに睨まれる。他人に迷惑をかけないのが日本の「劇場文化」。実はみんな映画館で他人と見たいわけじゃなくて、本当は映画館借り切ってひとりで見たいんだと思う。自分もそうだw
ephemerawww

少し違うが
togetterに自動編集補正はないのだが「当分同じ1名のツイートを並べる形式」=個人が思いをしゃべり切るまでや、対話回答時期とか状況ごとにカット組み直ししないと難解です。ドキュメンタリーの編集の「何か一体感在るが全て個人インタビュー素材だけ」的に。ダビングスタジオ勤務歴有りで「小屋が設備対応で「携帯電話買う方式」縛りか全額投資か」も聞いてシャシン買えねーの絶望感
mrkato_h
「個人が思いをしゃべり切るまでや、」のように、Togetterの弱みは以前から自分も感じていた。

最後は、その情報を必要としている人間の執着のようなものが補間するのだと思う。

◇◇◇

質問の仕方でわかる、伸びる子と伸び悩む子。そして「無知の知」
こういう子らに共通するのは、試行錯誤を嫌がる、ということだそうだ。マルでもバツでもない、あいまいな状態では落ち着いていられず、一刻も早く、自分をマル側に入れようと、そこに焦ってしまっている。
p_moon

わからないことがあってはいけない、できないことがあってはいけない、そういう気持ちが強いのだけど、そういう気持ちが強いことも「できないこと」にカウントされるのであれば、それも認めるわけにいかない。そうなると、自分のしっぽに噛みつこうとするイヌみたいになる…… @p_moon
mentane

@p_moon 「わかってますアピール」は誰でもやりたくなるし、人間は誰でもそれを常にやる自然なこと。わかっていたいという気持ちがあるから向上のために努力できるわけで、あとはその気持ちを自分にとって有益な時に有益な形で発動させられると便利だよね。という物言いがいいかな、と。
mentane 

そんな感じでアプローチすることを実験中ですが、「自分がわかっていない人だと馬鹿にされる、自分の価値が下がる、わかっていないことは許されない」という信念が急に和らぐわけではないようです。ある程度、のんびりお付き合いするしかないかな、と思っています。 @p_moon
mentane

@mentane 「自分がわかっていない人だと馬鹿にされる(と思っている)」というのが、つまりは、試行錯誤を嫌うメンタリティってことですね〜
p_moon
コメント欄のほうの流れもまったく読めない…概念の話でええねん、という俺は異端か?。ともかく。

「自分がわかっていない人だと馬鹿にされる」のを嫌うというよりは、大抵の場合、「人間関係の中で生理的に嫌ってるのをカムフラージュするために無知をあげつらう人間」を嫌うことのほうが自分は多い。

そうした状況に置かれるたび、逆に自分が「なぜあの人を生理的に嫌だと自分は感じるのか」という問を延々とすることになる。自分なりに分析を続けていこうが何しようが多くの人間にとって人間関係の好き嫌いに答えはない。あるとすればなぜ自分がそうなのかを考え続ける努力をするかどうかだけだが、努力と言ってしまうとそれも理解しなければいけない事なのかとさえ疑問がつく。

少なくともバカなりに「人を嫌わないようにするにはどうしたらいいか」という問を続けてきた。そのためには「人を嫌うような状況を作らない」という単純で難しい答えが返ってくるだけだ。このTogetterまとめのコメント欄も含む、学者気取りの人生相談の中には行き過ぎた発言も自分の目には散見して気味が悪い。こういう時こそあえて、「お前らは重大な間違いをしている」と言いたくなる(一部の人間に対して)。

ソクラテスの話はまた別にして、学識的にこのまとめの話の内容に間違っている箇所があるとするならともかく、「自分がどう思うか」と「これは正しい・あなたのこれは間違い」を混同するのは何かを分析する上で使い分けねばなるまい…。

どっちにせよまともな話ではないな。このへんでやめます。

◇◇◇

坂本龍一「僕らは代替案なんてなくても”原発反対!”って言ってればいいんだ。代替案は行政の仕事」

もう無茶苦茶やな。

◇◇◇

ファイルが見つかりません News i - TBSの動画ニュースサイト


10日くらい前にこのTBSのサイト記事で見つけたんだが、TBS発か?。
遠隔操作ウイルス事件で警察のコメントが書かれた記事だったんだが、最後の締めくくりのほうで「うその自白を見抜けなかったことが~」みたいな文章だった。なんだよそれ。腐ってやがる…と。どうみても誘導なのに、事件後の冤罪被害者に対する仕打ちかよと。警察のメンツか?、あってもそんな書き方はねえだろと。

「自分でやっていないことを、証明してみろ。無罪を証明してみろ」、iesys.exeの遠隔操作ウイルス事件で警察が何を言って自白強要したか判明

◇◇◇

昔、新世紀エヴァンゲリオン2っていうゲームが,,,
57 :名無しが氏んでもエヴァ速があるもの 2011/05/28(土) 23:30:03.55 ID:???


このゲーム(PS2版)、メモリーカード以外の場所に 
いわゆるNPCの 記憶 が蓄積されてると思うのだが 
メモカ抜いた状態で新たにゲーム開始しても 
明らかに以前の状態を引きずってるんだが 
64 :名無しが氏んでもエヴァ速があるもの 2011/06/02(木) 20:32:18.93 ID:???


実際ゲームで何が起こるかと言うと例えば、1人を除いて他の全てのNPCのステータスをMAXにすると除かれた1人が 
なんで私だけステータス上げてくれないの みたいな事私(PC)の所に言いに来たりするんですよ、このゲームAIたぶん皆が思うより遥かに頭が良いと思う 
65 :名無しが氏んでもエヴァ速があるもの 2011/06/09(木) 21:27:53.14 ID:???


誰も居ないみたいだけど、データ操作の件(其の2)しつこくてスイマセン、このゲーム余りにもアレなもんで書かずにはいられない 
ゲーム中におけるアイテム渡し、これもデータ上で成立します。例えばミサトのアイテムアドレスにビールを5本放り込みます↓ 


66 :名無しが氏んでもエヴァ速があるもの 2011/06/09(木) 21:31:01.29 ID:???


すると直後にミサトがノッシノッシとPCの所にやって来て唐突にビールの話を始めます、そして一頻り喋り自分のPCに対する人物評価を上げて帰っていく 
そう、この行為紛れも無くデータ上で渡したビールのお礼だと思われます。 


67 :名無しが氏んでもエヴァ速があるもの 2011/06/09(木) 21:40:06.12 ID:???


ね、なんか凄くないですか!ゲーム側からしてみれば邪道であるデータ操作 
それすらゲーム中に取り込んでしまう懐の深さ、てか、こんなの今まで見たこと無いよ! 


70 :名無しが氏んでもエヴァ速があるもの 2011/06/14(火) 21:53:59.45 ID:???


庵野AIシナリオ 


73 :名無しが氏んでもエヴァ速があるもの 2011/06/20(月) 01:48:32.57 ID:???


アナザーにゲンドウ出して親愛上げてたら、なんと釣りエンドを迎えた、セーブも普通に出来る 
まったくこのゲームときたら目から鱗が落ちっぱなしだよ。 
なんにせよ決して終わるはずの無い平穏な生活、私のアナザーワールドが今、終わった 
いみがわからない。

◇◇◇

ソーシャルゲーム会社の面接官「任天堂の倒し方、知らないでしょ? オレらはもう知ってますよ」

むしろN64マリオの件でディスった話のほうがソシャゲ界隈に対する個人的な悲観。
44: サイベリアン(西日本) 2012/12/21(金) 14:32:37.89 ID:2arwNm+hO
最近グリーで任天堂馬鹿にするの流行ってんの? 
任天堂の顔だった嵐を強奪してCM大量投入してるし 
嵐が面白くしようぜとか言って
マリオカート風のゲームやってるのとか完全に馬鹿にしてる


77: アメリカンショートヘア(鳥取県) 2012/12/21(金) 14:44:10.84 ID:Qz0rElvX0
任天堂の顔だった嵐は脱任してGREEの顔へ 

GREEのマリオカートで遊ぶ嵐 
これはあかんわ。

◇◇◇

デモンズソウルのボスより完成されたボス敵っているの?
92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/16(木) 01:28:30.77 ID:RnOKE5gN0


黄衣の翁とアストラエアはプレイヤーに「デーモンとは何なのか?」と考えさせる機会も与えてくれるよな 。黄衣の翁に召喚されるデーモンはオンラインにつながっている別プレイヤーだし、 アストラエアは元人間、しかも理性があって、最後は無抵抗のままプレイヤーにソウルを託す。 

黒ファントムで侵入して勝ったとき、 TARGET WAS DESTROYED の下にちっちゃく 「あなたはなんてすばらしいデーモンなんでしょう!」って書いてあるのも面白い。 
98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/16(木) 01:32:16.75 ID:RnOKE5gN0


ラスボス「老王オーラント」はきっちりイベント進めて真実を知ると 名前が「王の化身」になるのが細かいところまで作りこまれてるなぁと感心する。 

遠距離攻撃に、近距離攻撃、必殺の範囲攻撃、そしていやらしいレベル下げ攻撃と ラスボスにふさわしい攻撃手段と強さを持っている。まあ別に最後じゃないこともあるのだが。 

最後は小細工なしのガチ勝負だ。これまで培ってきたテクニックで倒すことになる。 
イベント進めても気づかなかった。まさか、これまでのボス戦の連中はオーラントの過去と関係があるのか?。

…関係のない話。
過去のいろんなゲームの物語はやれ王がどうたら魔力が~とありきたりな話ばかりだけど、一部のゲームには節目節目で何か暗示してるものが多い。そういえば、「マリシアス」とかいきなりボス戦っていうコンセプトだけど、「デモンズソウル」はボス戦はすぐに起きないけど各ステージへの連絡路みたいな所がホームポイントだし、王、災厄、魔力、傀儡(化身)、そういったキーワードも一緒だね。

122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/16(木) 01:55:51.81 ID:RnOKE5gN0


>>117 
部位とかじゃなくてその敵の性質とか含めたものだよ 

ファランクスが炎に極端に弱かったり 
骸骨が素手で倒せたり、 
タコ看守の背中がとりやすかったり 
勇士が盲目だったりとかそういうの 

敵キャラの弱点は=個性でもあるんだ 

ダークソウルで一番分かりやすいのはイノシシのケツだよ 
イノシシのケツに剣をぶっさしたときには「なるほど!この手があったか!」ってなるだろ? 
でも後半でケツがふさがれたイノシシが出てきて幻滅する。「ケツ刺そうと思った?残念!」 
ってネタなんだろうけど、俺はケツを刺せるイノシシのほうがケツを刺せないイノシシよりも好きだ。 
強くなった代わりに強烈な個性を手放したんだ 
デモンズソウルを最後までクリアできたのは後になってできたインターネットのお祭り騒ぎではなく、事前に「こういうゲームが出る」というお触れがあってそのイメージを持ったままプレイしたからのような気がする。

ぶっちゃけるとフロムソフトウェアはPS2からPS3に移って競合相手が減ったのか、SCEに組むようになって持ち味が減ったと感じる。別にそれでもいいけど、「エンチャントアーム」みたいなのが出ていた頃が良心だったんじゃないか的な。

◇◇◇

ついに人間の「こころ」を、科学で完全に説明出来る時代へ
1028   学名ナナシ  : 2012年12月21日 16:30   *この発言に返信
>>1010
クオリアを無意味とするなら、脳内の物理現象は全く通常だが
クオリアという精神現象が一切生み出されない哲学的ゾンビは
通常の人間と変わらないのだろうかという話だろ

しかし実際には、先天的に恐怖や痛みを感じない人間なんかは
生活にもかなり困難している。クオリアは必要な精神現象なんだろう

しかし脳内ホルモンの分泌や電気回路のパターンといった物理現象から
なぜクオリアという精神現象となるのか。という問題

そのメカニズムはまるで解明されとらんよ。解明されたら人工知能作れるかもね
1029   学名ナナシ  : 2012年12月21日 16:37   *この発言に返信
恋は罪悪という先生の言葉を温め続けていたらいつの間にか魔法使いになっていた
恋する尾羽根はランナウェイ
1038   学名ナナシ  : 2012年12月21日 17:31   *この発言に返信
※28
クオリアは、脳内の物理現象の感覚的対応物の総称なんだろ。痛みを感じないのは、クオリアが無いんじゃなくて、脳内の神経伝達に問題がある障害者だからであって、哲学的ゾンビは関係ないと思う。

あと人工知能はもうできてる。人の心が科学で再現できてないだけ。
1040   学名ナナシ  : 2012年12月21日 17:41   *この発言に返信
なんだこりゃ
付け焼刃の知識をいくつか関連付けて見ましたってだけでなんの説明にもなってねえ
これとこれとは一見して構造が似ているように思えますねってのと、これとこれとは同じ構造なのですってのは全く別だ
クジャクの尾羽が伸びた理由とヒトの心が複雑化した理由を同じ物とする論拠がまるで示されていない
1046   学名ナナシ  : 2012年12月21日 17:49   *この発言に返信
火の鳥、沙耶の唄なんかかな
あんなのただの頭の異常だろと思うんだが、薬中、アルツハイマーになって自我とはなにか考えてみるか
正直子供の頃思い出すと、感じ方が今と違う、完全に別人
目も悪くなってきたし見えてる景色も全然違う
さいきんOSアプデしてPCの遅くなってきたからそろそろ部品交換かな、マザボ、HDDはそのままでCPUだけとっかえてメモリ増設するわ
1049   学名ナナシ  : 2012年12月21日 18:12   *この発言に返信
「こころ、ここにあらず。」
「こころを売り渡す。」

さて、こころは今どこにあるのか科学的に説明してくれ。
1054   学名ナナシ  : 2012年12月21日 19:27   *この発言に返信
>>1049
「心、 ココに有らず。」= うん。俺の心は今、クリスマス一緒に過ごす子の所行ってる・・・。

「心を売り飛ばす」= うん。どうしても プレゼント買うお金が欲しかったから、
           辛かったけど あくどい事で銭貰う為に <良心>売り飛ばして  稼いだ。
1064   学名ナナシ  : 2012年12月21日 22:39   *この発言に返信
心理学的、哲学的に定義される心とは、デカルトからはじまる
心身二元論における「動機としての心」であって、心が「こうしよう」
と思うことが始まりで、それに体が従うって仕組みの場合の「動機」
なんだよね。
そんでもって、すでに「動機としての心」は無いようだってのが今の
通説なんだよね。まずは行動が先にあって、心とはその行動に後付の
理由を添付する脳の働きだと、今では推測されている。
それはおそらくは、行為と結果を結びつけるために、無意識で行った
行動を意味化するという脳のプロセスなんだと思う。
そしてそうした働きを「心」と解釈すると、「人はなぜ言い訳をするのか」
「心の無い無機物に、なぜ『心』があると解釈できるのか」とか、
そういう不思議と「心の働き」が一貫した関連性を有していることが
直感的にも理解できてくる。
「よく言われる『好き』に理由なんて無い」のも、この解釈だとなるほど
と思える。
心が行動の動機でないことは、きちんと実験で確かめられているので、
興味ある人は、ぜひ心理学の本を読身あさってみるべし。
1069   学名ナナシ  : 2012年12月22日 00:19   *この発言に返信
※1067
お前の言う人工知能って精神とかないとだめなんだ。
では教えてほしい。
まず、精神って工学的に定義可能なものなの?
そして、それが技術的に再現できたとして、何の意味があるの?

一般的には、人間のような曖昧な推論が可能であったり、
視覚情報などに関して、より少ない演算処理で、
人間と似た結論を得られる技術なんかを「人口知能」って言うんだよ。
その意味で、技術はすでに有意味なレベルで存在してるの。

あと、「プログラミングが適当に受け答えしてる」の「適当」ってなに?
人間の「適当」な受け答えとどう違うの?
なんか、言葉の使い方にいっさい想像力を感じないんだが。
1070   学名ナナシ  : 2012年12月22日 00:26   *この発言に返信
こころと言うものは存在しない
何故ならこころとは観念だからだ
その点、動物は機能的だ
無駄なことは一切しない
観念がないからだ
1072   学名ナナシ  : 2012年12月22日 02:52   *この発言に返信
知ってたか こころの正体はもうわかってるんだぜ


ニューロンを基本単位とする
シナプス結合による 創発現象 が心なんだぜ

よくわからんが、人間の“目”の部分に映ってる景色が逆さまだとか、それを脳のどこかでちゃんと景色として見えるように変換して“感じてる”とかいうやつ?。目の前にある林檎の色を「青い」か「赤い」か、とか、誰の言ってることが合ってるのか、個人の認識ではなく普遍的な認識としてこの色の正しい色ってなんだ、ってのを科学的に取り出せるようにするみたいな?。

こう、脳内で画像変換する前の、目に入った景色の情報“だけ”を抜き出すことができるかみたいな?。

そういや検索したらこんなのが出てきたな。

ソードアート・オンライン4 『アリシゼーション』
「……いや、確かにキリト君にはさっきの話はしていないが、それは彼と会う機会がこれまで無かったからだよ。彼こそ、筋金入りのリアリストだろう? そうでなければSAOをクリアなどできなかったはずだ」
「分かってないわね。もしキリト君が、アンダーワールドの真の姿に気付いてれば、きっとその運営者に対してものすごく怒ってるわよ。彼にとっては、自分のいる場所こそが現実なんです。仮の世界、仮の命なんてことは考えない……だからSAOをクリアできたんだわ」
マトリックスみたいな?。

AccelWorld&SwordArtOnline part2




(03:58)

December 23, 2012

横にリンクしてある「ゲーム長期考察」で既に物語の内容を紹介しているが、合点がいかない箇所を補間してみる。

作中の設定ではアキラ(主人公の名前)がメディアタワー上層部のネヅを殺し、モリシマトキオ(裏的な意味での主人公)がシルバー事件の物語が終わった段階でハチスカカオル(トキオの父にあたるが実質祖父が本人を殺して成りすましている)を殺したという話。

しかし、それではなぜアキラがメディアタワー上層部に入ることができたのかという疑問が残る。それはネヅがアキラに「カムイ」を継承させるために入り口をパスさせたともみえる。ではカムイの継承の条件とは何か、が作中出ていない。
 
継承にはシェルターキッズでないと駄目だったのだろうとは思う。
場所からいって侵入が限られる以上、シェルターキッズ特有の地理感でもないと来るのは無理でもある。だが作中では主人公が自らネヅのもとに赴いたわけではない。サクラや、クサビなどの同行者がいて導かれた、というのが正しい。

◇◇◇

2つ目は、「談話室タムラ」での会話の最後で
おまえは誰なんだ?

とクサビからアキラに問いかけられる。クサビはアキラをカムイ継承者(もしくは否定するもの)として連れてきた人物なのに何故。

しかもこの会話の直前に「カムイ」が出現した、との事件の情報が流れるが、シルバー事件の関係者の知る「アキラ=実質的なカムイ」という認識はこの時点で突発的に壊されている。おそらくこの事件はモリシマトキオが引き起こしたものと推測される。

◇◇◇

自分は当初、ネヅという人物もシルバーを狙う黒幕の一人だと勘違いしていた。作中の情報だけでは人物像がわからなすぎる。

それに、後発のシェルターキッズ観察者たちがカムイの発現条件を「稀代の犯罪者」としていたのはおそらく違う。それは過去の老人たちがこぞってカムイに翻弄され、それを巡って死に、畏怖してるからなだけだろう。

そうした情報の食い違いが、世間にカムイを超人だとバラされたくないがためにわざわざカムフラージュするため権力者たちはメディアタワーを始めとし情報の専有に繋がるのだろう(これは説明書の中でも24区が情報階層的な人間社会に寄っていると書かれている)。不老不死を得るために必要な銀の目を発現させるためにはシェルターキッズである彼らを犯罪者に仕立てあげるしかなかった、というのが嘘か真か怪しいものである。

また、(未確認だが)複数存在するとおもわれるシェルターキッズ計画は、白銀化現象を研究はしていても、最初からあそこで犯罪者を養成していたわけではないだろう。一部のシェルターキッズは市井に放つことで処分されたが、それでも研究のために観察下にはあったのだろう。ただ途中で計画は放棄され、その後にシェルターキッズ計画を知った別の組織が後釜を狙った感じである。
 
犯罪者に銀の目が宿るというつもりでシェルター内の子ども達に鬱屈した生活をさせていたわけではないだろう。
それを言えば、さる動画でシルバー事件に対して「当時社会現象となっていた引きこもりをテーマにした作品」とコメントしていた人の言うまま、作中でネット依存から逃避行に走った一組の若い男女といい、90年代の日本を予感させようとした作りが見て取れる。そういう意味でも少年のような姿をしたネヅは悪意の塊としての精神的な意味でのカムイといえるのかもしれない。

◇◇◇

この段落から前の紹介記事で書いていた自分の解釈の続きをする。

シルバー事件の中では登場人物のほとんどに情報の食い違いが生じている向きがある。その中でクサビだけは自発的に意図して自分の持っている情報をあやふやにしている。

なぜネヅはアキラに殺されると思わずにアキラをメディアタワー上層部に入れたのか、ということだ。同行していたクサビも一緒なんだから彼も「アキラがカムイを継承するために導いた」ということなのだろうに。シルバー事件のクライマックスでは登場人物のほとんどが悲惨な死を遂げている。しかも、みなカムイとは関係のない、隠れた派閥争いが原因という末路だ。しかもシェルターへの道程で。

その中でサクラとクサビだけはアキラとともに生き残っている。そして談話室タムラでの「お前は誰なんだ?」というセリフ、おそらくクサビはアキラが誰なのか知っている。クサビはアキラが「コロスベキカコヲモタナイ」もとはただの民間人であることなど知っていたはずだ。リパブリックという特殊部隊からの凶悪犯罪課への転向も、ナツメダイゴのあのセリフからエンザワカイジに近いことから主人公(アキラ)がシェルターキッズだと勘違いされている、というのを逆手に取ったのではないか。

気をつけなければならないのは作中で、「シェルターキッズ計画」を匂わせる建造物や資料はあっても、「カムイ」に関するはっきりした情報は示されていないことである。主人公が本当にカムイ継承のためのシェルターキッズ(の過去を持つ人物)であるかどうかははっきり示されていない。ただし判断材料があるとすればカムイの兆候(クサビの見る思念、トキオが感じた思念、他登場人物も触れている)はありうる。

◇◇◇

結論からいうとアキラに殺されるのはネヅの誤算だったということになる。
わからないとすれば、カムイの継承がこのどちらかだ。
・ネヅの後任への指名
・アキラにウミノスケから銀の目を奪って成り代われと命じる

どちらにしても作中の登場人物がシェルター内やそれまでの道程でバタバタ死んでいく様は、主人公がそうした派閥争いにさえも勝ち抜くような冷血な人間だとネヅに思わせるための第三者の演出だったのかもしれない。

談話室タムラはシルバー事件の本編と完全にリンクしているかわからない、後日談でもありクサビの語りなわけだが、クサビがなぜモリシマトキオの情報を持っているかを察すれば彼がアキラをネヅのところまで案内したのは最初から狙っていたとも頷ける。あそこでネヅの思惑を挫くことで、そうすればモリシマトキオがウミノスケから銀の目を奪うと同時に、カムイ=稀代の犯罪者という構図がカムフラージュされた情報であることもシェルターキッズの存在も銀の目の存在も世間に明かされ、作中での本当のシルバー事件は終結するからだ。問題なのはモリシマトキオがその後どうしたのかがわからないのだが。

◇◇◇

記事の冒頭で「シェルターキッズの地理感」に触れている。
シェルター内への通路入口、それはなんとあの場所にあるのだが、
トキオは知らずして頻繁にこの場所に通っている。というか行きつけ。
それは偶然なのだろうか。バー「ジャックハマー(だっけ?)」も関係あるのだろうか。

モリシマトキオは誰それともなく自分自身でシルバー事件の情報を求めていた。
中には進んで事件のあらましを伝える人間も近づいてきたのだろうが、あくまでフリーライターである。
そこに白羽の矢が立ったのではないか。

実を言うとクサビがモリシマトキオの本当の情報を持っているのも「嘘」かもしれないと推測する。アキラは「コロスベキカコヲモタナイ」人物で、モリシマトキヲは「過去を奪った」人物とする。

自分は、クサビが語った、トキオがシェルターキッズ及びハチスカカオル(ウミノスケか本人かどっちだっけ?)の息子であり、他に血の繋がった人物がいる、とする情報も眉唾ものと思う。それはこれから起きる事件でありトキオが父(かどうかはわからない)を殺さねばならない理由を、同じ刑事であり事件関係者であるアキラに談話室タムラで前もって話しているだけに見える。つまり作中でほとんど出て来なかった第三者にとって、銀の目を奪う人物は本当は、アキラでもトキオでなくてもよかったのではないかと推測する。もっとも、トキオは自分が誰かに利用されているのを見越しているのかもしれない。結局、クサビは食えない人物だったというのがわかるのみである。


Silver Case シルバー事件 - SIlver Case theme Tuseday Bloody Tuesday Remix



考察になってないな。

一応、自分の中では「ネヅ」が最後に出てきた時点で「シルバー事件」のテーマがゲームそのものだとは思うし、「カコヲコロセ」も誰が何に対してなのかはよくわかっていない。各章の主要な登場人物(ウエハラカムイとか少年とか引きこもりのカップルとか)たちが重荷を背負ってしまったのはその対象で間違いないんだろう。その中ではコダイスミオのシナリオがわかりやすいな。

ある意味では、“「自分の過去」ではない誰かの辛い過去(シナリオ)を眺めることでカムイへの素質を見出そうとした計画”だったのかもしれない。それでもなお前へ進むか。


(02:37)

November 23, 2012

最近まとめブログを見ていて思うのは
・改変ネタ
・前の週と似たもの
・事件関係は芸能、政治くらい

なのがどうも気になる。
考察というとエヴァンゲリオンがどうとかいってるが、他のアニメではあまり聞かないような。

毎週毎週新しい話題というわけにもいきませんもんな。このブログも、自分なりの疑問が解決するまでのメモという側面もあるし、そろそろ話すことがなくなってきたので、それって嬉しい事なのかという。段々と自分の思うまとめ方よりも、人に見せるために付け足してるようでこれではいかんな…と。

ネットのサイトの考察類は誰かがまとめるのを前提に書かれたものもあるが主観的な感想を省いてもそれはウィキペディアのそれと何が違うんだということになるし。いやなぜ、ウィキペディアを編集している人間はその記事の項目の中にそれを編注として組み込んだんだという謎はある。主観で書かれていることも多くの人間にとっての疑問や抱いてるテーマだとそれは普通に書かれるのかという。いやしかし、検索しても少数しか出典がない場合もあるだろうし、その情報の重要度で優先順位が決まるんだろうな。

で、今の優先度では少しブログを休みたいと思う。
ネタは今までどおり誰かの考察の類の記事を寄せ集めするのはできるが、いますぐに自分の雑多な思いを書き綴るというのがない。こうやってチマチマ近況報告をするようになったらお終いだ。(けど最近、そういうサイトって見ないような?。)ぶっちゃけ、体の調子がどうだの、他にやることがあるだの、そういう理由付けはもう必要ない気がするんだ。

あれだ。結局、何を書いたら終わりなのかが見えないんだ。これはもう充電期間の問題なんじゃなくて余暇の過ごし方の問題なんだ。これが、袋小路というやつなのか?。


(21:34)

November 19, 2012

記事投稿後の切替がうまくいってない。
まあ時間帯も関係してるんだろう。
しかしそうなると記事の投稿前とかでも重くないと辻褄が合わない。

とにかくんなこたぁいい。
パソコンに詳しくないので原因などわかろうはずもないが、
一応考えとしてはトップページの記事に動画が最近張りまくってのも原因のような気がする。
一つ記事を投稿すればそれだけ処理がかかってると思うし。

つーことで試しに空白記事でトップページを埋めてみようと思う。
トップの表示件数を変えれば早いが、それだと同じ環境下でないので意味が無い。
しばらく様子を見るべ。


(21:11)